2009年 02月 26日
3月10日のちょっとした楽しみ
週刊文春3月5日号に面白い記事がありました。「衆院選ポスター」で一目瞭然、『ポスト麻生』の最有力候補」です。

公職選挙法では任期満了の6ヶ月前に当たる日から,個人ポスターの掲示は禁止されます。それで,以後,掲示可能なポスターは「政党活動」に関するポスターになります。この場合,お決まりは何カ月か先の時局講演会を告知するスタイルです。

この「政党活動」のポスターでは,候補者の名前と写真は、複数の弁士の一人として掲載する場合のみ認められるので,本人以外の弁士の名前と写真も刷り込んだ2名以上の連記ポスターになります。「時局講演会」の場所はたいていは「市内一円」などといういい加減なものです。候補者以外の弁士だって予定ですから,これまたいい加減です。

つまりは,理由はなにであれ,候補者本人の顔写真入りのポスターを張り出したいわけですから,できれば人気のある弁士と一緒に,と思うわけです。「選挙の顔」というだけで選出された麻生首相は「選挙の顔」にはならないようです。週間文春の記事は次のように書いています。

ツーショットの相手選びで最も頭を痛めているのが自民党議員である。ベテラン議員秘書が解説する。「党総裁である麻生さんを選ぶのが筋だが、選挙を考えると怖い。『麻生さんのポスターが破かれて捨てられていた』という話があるくらい不人気だから、選挙に自信がある人でないと選べない選択肢だ。かと言って『ぜひこの人に頼みたい』という飛び抜けた存在も見当たらない。

かくて,衆院選ポスター」で一目瞭然、「ポスト麻生」の最有力候補ということになるのだそうです。誰が最有力候補かは別にしても,候補者の本音が何処にあるかが分かります。さてさて,私の選挙区の自民党衆議院議員は誰とツーショットになるのでしょうか。ちょっとした楽しみです。
[PR]

by gakis-room | 2009-02-26 20:29 | つれづれに | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/9393840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-02-26 21:16 x
『麻生さんのポスターが破かれて捨てられていた』
モラルのないこと……。
与謝野さんとのツーショットとかどうでしょう。
Commented by saheizi-inokori at 2009-02-26 22:16
自民党の幹部でなくては駄目なのですか?
奥様とか子供など、学校の先生もいいかも。
Commented by 高麗山 at 2009-02-27 00:49 x
我々の区から出馬するであろう、あの元国務大臣。
スーパー脇の池のフェンスに青く変色した“安倍”ちゃんとのポスター。  20メートル先から匂ってくる、あの毒々しい香水のにおいだけが蘇ってくる。今度は誰が横に並ぶのだろう?
Commented by gakis-room at 2009-02-27 06:53
Mr.Yo-Yoさん,
麻生内閣と言うよりも,与謝野・麻生内閣とも言うべき与謝野氏ですが,玄人受けはしても「顔」としてはどうなんでしょうか。
Commented by gakis-room at 2009-02-27 06:57
saheiziさん,
自民党幹部でなくてもいいと思います。問題はポスターとしての見栄えですから,奥さんとか子どもでは白けてしまいます。
学校の先生ねえ,マスコミに知られた大学教員なら見栄えのあるポスターになりそうですが,引き受けてくれる人がいますかねえ。
Commented by YUKI-arch at 2009-02-27 07:10 x
ツーショットの“お相手”は多極化しているようです。
それを麻生離れとみるか、
実は麻生政権の不安定の中の均衡とみるか。
僕は大方の見方と違い、後者だと推測しています。
Commented by gakis-room at 2009-02-27 07:17
高麗山さん,
あの方はタカ派ですから,隣に誰をもってくるか困っているのではないでしょうか。やはり,ちょっとした楽しみですね(笑)。
Commented by gakis-room at 2009-02-27 07:22
YUKIさん,
「不安定の中の均衡」ですか。私には「混沌」のように見受けられます。


<< 全治3週間ではありませんでした...      2つの私の災難,09年の「例の... >>