2009年 01月 25日
どうにも止まらない,麻生内閣の支持率低下
d0006690_18573772.jpg麻生内閣の支持率が20%をきったのは今月の10−11日の調査でした。

フジテレビ系の「新報道2001」では毎週「今週の調査」をしています。

「首都圏成人男女500人を対象に電話調査」という限定はありますが,最新の調査(1月22日)では,麻生内閣の支持率は15%をきり,不支持率は80%になろうとしています。

このようにすでに立ち枯れてしまった内閣が,3年後に消費税のアップするとか,憲法改正を前提とする「一院制」を云々するなど,この国の不幸は増幅しています。

そして,それに重なる不幸は,麻生内閣への不支持が民主党への支持とはなっていないことです。つまり,「政治への期待」もまた拒絶されていることと言えそうです。
[PR]

by gakis-room | 2009-01-25 18:58 | つれづれに | Comments(10)
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-01-25 19:59 x
支持率関係なしに麻生さんは総理大臣になりたかった人ですから、きっとやめないでしょう。
国民が政治への期待を拒絶しているのはわかります。なぜなら、雇用問題の方が身近で、それが深刻なことになっているから。
Commented by saheizi-inokori at 2009-01-25 21:32
アメリカが次か次へと手を打ってくるはず。
日本は又その場その場であたふたするのでしょうか。
今こそ徹底的に勉強して先手を打たなければならないのに。
Commented by gakis-room at 2009-01-26 06:33
Mr.Yo-Yoさん,
麻生本人は少しでも長く首相でいたいでしょうし,また,このママでは解散のきっかけもつかめないようです。
政治への国民の期待が希薄なのは民主党にも期待できそうにないというころでしょうか。
Commented by gakis-room at 2009-01-26 06:36
saheiziさん,
まるっきりスピード感がありませんね。それにしても,スタッフの違いがあまりにも歴然としているように思われます。
Commented by convenientF at 2009-01-26 16:25
こうなってくると、やはり藩政時代からの支配関係、地縁血縁を利用する自民党が有利かな?
Commented by gakis-room at 2009-01-26 17:19
CFさん,
演説がどんなに下手でもいいから,小沢代表が国会の代表質問にたち,頻繁に国民にたいして顔を見せれば,いわゆる風を呼び起こすことができるように思われます。しかし,ねえ…。
Commented by convenientF at 2009-01-27 16:04
>いわゆる風を呼び起こす

私は小澤、鳩山が合流した瞬間に「民主党」は「自民党の連結子会社」になったと思いました。その確信は一層強まっています。

好悪はともかく「民主党」は「菅の党」でした。その菅が党内で格下げされました。これですべてが明らかになりました。

子会社の統合と同時に、被統合子会社のトップが新会社のトップになることは珍しくありません。

ところが問題は民主党だけではありません。私が方々で繰り返し指摘している消費税の品目別税率について、いまだにどの政党も言及しません。今の予算審議にしても動き派まさに「コンニチワ相撲」です。「八百長」です。こんなもの、マジメに考えるだけ損です。

いずれ「オバマ・アメリカ」に弊履のごとく捨てられるでしょう。飢えに震え、寒さに凍え、暑さに息も出来なくなるでしょう。

高級の官僚どもの中でも特に厚遇を受けている外務官僚の中でオバマ政権の閣僚官僚に面識を持っているモノはいないようです。

苦労するのは国民だけ。
Commented by gakis-room at 2009-01-27 17:27
CFさん,
麻生内閣の不支持率の高さと「民主党に投票」とのギャップについて,民主党の顔がよく見えないからだと思っています。このことは民主党ないしは小沢代表への評価とは別の問題です。
Commented by convenientF at 2009-01-28 13:17
>民主党の顔がよく見えないからだと

”政党の顔”って何でしょうか。
たとえばアメリカのオバマ民主党は「大気汚染」「人工妊娠中絶」などに関して前政権支持勢力の「倫理観」をいきなり否定しました。
こうしたことでしょうか。
Commented by gakis-room at 2009-01-28 18:09
CFさん,
1つは党の代表が国民に語りかけることがありません。表に出てきません。まもなく首相になるかも知れないのにです。
もう一つはいわゆるマニフェストが公表されていないことです。私の考えでは,解散要求とともに明らかにされるべきものだと思っています。


<< 1月26日,旧暦1月1日      さあ,「カラ元気」の出番です >>