2009年 01月 19日
この支離滅裂さ,自民党の選挙制度見直し論議
18日の自民党大会で麻生首相は唐突に選挙制度の見直しを言い出しました。なぜ今,選挙制度の見直しなのでょうか。過日,小泉元首相が「衆参統合による一院制」をこれまた突然にいいだしたことへの追従でしょうか。

毎日新聞(電子版)は2時31分に以下のように配信しました。
自民党は18日、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)に、国会や選挙制度改革の一環として(1)衆参両院の統合による1院制導入(2)議員定数削減(3)議員歳費削減−などを盛り込む方向で検討に入った。

12時24分の時事通信は,河村官房長官が午前の記者会見でこれを否定しています。
「麻生政権として検討したことはない。アドリブでこれからの課題に言及した程度のものだろう」

しかし,麻生首相,午前の予算委員会で次のように言います。
「いろいろ問題が出てきたのであれば、それに併せて国会の在り方、選挙制度の在り方は幅広く議論されてしかるべきだ」

21時11分の毎日新聞です。
麻生太郎首相は19日の自民党役員会で、衆参を統合する1院制の導入については「長期的に憲法改正議論の中で検討すべきだ。すぐにはできない」と述べ、当面の課題にしない考えを伝えた。
1院制を巡っては、鈴木政二参院国対委員長が19日の政府・自民党協議で「現実的でない」と指摘。脇雅史参院国対筆頭副委員長も与党会合で「人気取りのような政策をできもしないのに言うべきではない」と厳しく批判した。首相はこうした参院側の意見に配慮したとみられる。


このちぐはぐさ,支離滅裂は,定見,思想,哲学もなく,すべて「思いつき」で政治を語るところから来ているように思われます。定額給付金についての「さもしい」・「矜恃」発言も,単なる「思いつき」であったと考えれば,目くじらを立てる程のことでないかもしれません。そして,そのような首相のもとで国民はますます救われなくなっています。
[PR]

by gakis-room | 2009-01-19 22:49 | つれづれに | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/9224305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-01-20 00:15 x
与党が「思いつき案」を提示して、野党が「現実を」と言って反対する。そして最近では、自民党内からも反対が…。
でも思うに、瞬間的にでも国民が喜ぶような大胆な政策を提示してもらいたいです。
それほどの現状ですから。
Commented by saheizi-inokori at 2009-01-20 07:00
思いつきの根っこにあるものは一貫しているような感じがします。それをどういったらよいのか。
Commented by gakis-room at 2009-01-20 08:11
Mr.Yo-Yoさん,
残念なことに,夢とか希望とまでは言いませんが,明日を語ることのできる政治家がいなくなったということでしょうか。
Commented by gakis-room at 2009-01-20 08:13
saheiziさん,
小沢待望論がいっこうに起きないのも同じことかも知れませんね。
Commented by yuuko-11 at 2009-01-20 16:35
とりあえず、言うだけはタダだから?
Commented by gakis-room at 2009-01-20 16:49
yuuko-11さん,
「空っぽじゃないぞ,ちゃんと考えを持っているぞ」と無理してアピールしてみせている?
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-01-20 17:41 x
関心するのは、「思いつき」を政治家特有の喋りでうまくかわしていることです。
野党の質問をもっとレベルアップしないとこの喋りに負けてしまいますが…。
「思いつき」を根っこから変えるのなら一番先にこれをすべきだと思います。
Commented by gakis-room at 2009-01-20 18:48
Mr.Yo-Yoさん,
野党の質問がレベルアップする必要性は全く同感です。言い逃れできないようにいかに追い込むか,野党の力量が問われています。

その昔,野党にも「論客」と言われる議員が少なからずいました。その「論客」と言う言葉も死語になりそうです。
Commented by tokuro94 at 2009-01-21 18:40 x
言葉に力がある人が少ない気がします。政治家というのは、手に技術が必要な仕事ではなく、言葉に技術がある人物が就かなければならないと思います。とにかく、衆議院議員選挙が楽しみです。安っぽいマニフェストはともかく、言葉の戦いを見たいです。あと、マキャベリの言うような「手練手管」も政治家には必要だと思うのですがいかがでしょうか。
Commented by gakis-room at 2009-01-22 15:59
tokuro94さん,
言葉の力は,表見の方法という技術(弁論術)もありますが,それ以上にその人の人格と思想性も重要だと思います。
この意味で麻生首相が弁論の技術だけををならっても,人を感動させることは難しいとと思います。なぜなら,彼からは人格らしきものを感じませんし,それ以上に思想らしきものさえもありませんから。
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-01-22 20:43 x
どうして麻生さんが選ばれたのかなと思って、真っ先にうかんだのは「人気」でした。
というより、他にいなかったからかなあ、とも思いました。
他にいないからと言って、麻生さんを選ぶとなるともし、ほかの議員たちが麻生さんの次に選ばれたなら……。空恐ろしいです。
Commented by gakis-room at 2009-01-23 06:23
Mr.Yo-Yoさん,
選ばれた理由は「人気」つまりは「選挙の顔」ですね。彼の「人気」にあやかって再選されたいという議員心理の故だと思います。

国家の指導者としての資質なんてものは無関係でした。


<< きょうから「大寒」です      落花生,南京豆,そしてピーナッツ >>