2009年 01月 17日
空に輝いてほしい,新しい星・「まいど1号」
ちょっとしたときめき感があります。4日後に迫った人工衛星「いぶき」の打ち上げです。

「いぶき」は環境省,国立環境研究所(NIES),宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で開発した観測技術衛星です。地球上の温室効果ガス濃度分布の測定と,長期的な気候変動予測に必要なデータの取得するそうです。

私のときめきは,「いぶき」本体にはありません。「いぶき」に相乗り(無料だそうですから,「ただ乗り」)する以下の6個の人工衛星です。

1 「まいど1号」(東大阪宇宙開発協同組合)
2 「KKS1」(東京都立産業技術高専)
3 「SPRITE−SAT」(東北大)
4 「かがやき」(情報システム会社ソラン)
5 「KUKAI」(香川大)
6 「ひとみ」(東京大)

d0006690_19131294.jpg「まいど1号」,私の1番のときめきの所以です。これを作成した東大阪宇宙開発協同組合は,「ロケットから歯ブラシまで製造する」といわれる東大阪市の中小企業によって5年前に結成されました。

「夢を打ち上げるんやない。夢で打ち上げるんや」,これが東大阪市の中小企業の心意気です。

縦,横,高さ約50センチ,重量は約50キロの「まいど1号」は雷から出る電波を観測し,雷予報実現に向けたデータを集めます。なお,いかにも大阪的な「まいど1号」は愛称で,正式名は「SOHLA−1」です。

「KKS1」は東京都立産業技術高専の15歳から22歳の若者が,放課後や週末に同好会活動として開発したものです。6つの衛星の中では1番小さく,1辺が15センチの立方体です。ここには荒川区の中小企業20社以上の期技術が生かされています。

「SPRITE−SAT」も業者に委託すると数千万かかるというカメラを東北大学の学生と中小企業が,数十万円で開発しています。高層大気圏で起こる発光現象を観測をします。

悪評高い「定額給付金」についての世論調査です。8割前後が「くれると言うからもらうけれど」,同じ比率で「もっといい使い道があるんじゃない」としています。「相乗り(ただ乗り)衛生」,つまりは中小企業の技術力とともに,この国もなかなか捨てたものじゃないな,と思っています。
[PR]

by gakis-room | 2009-01-17 19:16 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/9214092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 好都合な虚構 at 2009-01-18 16:08
タイトル : わからん    
すったもんだの末「定額給付金」がようやく実施されそうだ。この話が持ち上がり、受給者を所得で制限するという話が出たとき、私はsaheizi―inokoriさんの「梟通信」へのコメントで「受給を辞退する」と格好を付けた。これはあくまでも「格好付け」であり、代償を求められない限り貰えるモノは何でも貰うのが私の生き方だ。ただ、周囲に辞退する人がいれば表向き辞退する格好を付けるのも私の生き方である。 やがて、この給付金の財源は「特別会計」=「役人が自由に使えるゼニ」=「役人の娯楽費に消えるかもしれないゼニ...... more
Commented by saheizi-inokori at 2009-01-17 21:40
初めて知りました。公募したのですか。
楽しいですね。
Commented by gakis-room at 2009-01-17 21:56
saheiziさん,
公募したようです。いろいろな知恵がうれしくなりました。
香川大の「KUKAI」は,香川と縁のある「空海」とのことです。

Commented by 高麗山 at 2009-01-18 00:38 x
以前から、東大阪の陸上用「砲丸」から「宇宙」までという工業力は認知していました。
東京の、荒川、大田区あたりの企業力も相当なものと聞き及んでいます。
Commented by gakis-room at 2009-01-18 06:33
高麗山さん,
砲丸と言えば,重心を真ん中に位置させる砲丸をつくり,オリンピックで金,銀,銅を独占している町工場の話しを聞いたことがあります。中小企業の技術力,これこそが日本の技術力の支えのようにも思われます。


<< 落花生,南京豆,そしてピーナッツ      寒い朝 >>