2009年 01月 14日
「呆れた」を通り越しています,石原都知事発言
「北朝鮮問題において、中国が北朝鮮と合併することがいちばん楽だ。強硬な共産主義国家の北朝鮮が平和的に瓦解できる道であり、米国にとってもいちばんイージーでいいだろう」

これは石原東京都知事の発言です。石原都知事は13日,日本外国特派員協会で「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」が行った会見に出席し,このように発言したと韓国の中央日報(日本語・電子版)が伝えています。

さらに彼は以下のように続けました。

「すでに北朝鮮にはこれに類似な潜在的要因が存在しているのではないかと思う」
「中国もそれを決して拒否しないだろう。だが南北(韓国・北朝鮮)統一を望む韓国から反発を招く可能性がある」
「中国が北朝鮮と合併するのがいちばん楽」
「万一韓国がそれで一致すれば、北朝鮮は自然に崩壊し、市民社会を取り持つことができるだろう」


「呆れた」を通り越しているこの発言は外国特派員を通じてどのように世界に発信されたのでしょうか。「韓国から反発を招く可能性」どころか,韓国,北朝鮮,中国の怒りは必至です。

石原都知事と言えば,4日の産経新聞インタビュー「みんなで夢を持とう」で,オリンピック東京誘致の勝算を聞かれて次のように語っています。

「まだまだわかりません。これから熾烈(しれつ)な、アンダーテーブルも含めた戦いが始まります。ただ日本はこういう戦いが下手なんです。日露戦争の時の明石(元二郎)大佐みたいな人がどこかにいませんかね」

ここで彼が求めた「明石元二郎大佐」とは,日露戦争時に莫大な資金をもとに反ロシアの諜報・謀略活動を行った軍人です。その後,彼は朝鮮駐箚軍参謀長,憲兵隊司令官として「韓国併合」の過程に深く関わっています。

中央日報は石原都知事を「日本の極右勢力を代表する」としていますが,彼と同じ「夢」など夢であってまっぴらごめんです。ところで,東京のあちこちで「日本だから,できる あたらしいオリンピック」のスローガンがみられますが,一体,彼は何をするつもりなのでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2009-01-14 12:49 | つれづれに | Comments(6)
Commented by 高麗山 at 2009-01-14 14:02 x
今、「中央日報」の“妄言病”からこちらに目を移したら、この記事にお目にかかりました。
何と言うか、あの人は焼かれてしまうまで、直さないのですね。
Commented by gakis-room at 2009-01-14 18:04
高麗山さん,
彼は確信犯なのかもしれないと思ってしまいます。唯,いったいその狙いが何なのか,ちょっとわかりかねます。
Commented by saheizi-inokori at 2009-01-15 07:20
先日観た演芸で石原はいつも目を瞬いているから世の中のことが半分しか見えていないと冷やかされていました。
その半分見えている世界が恐ろしいですね。
タモガミも見ている世界。
Commented by gakis-room at 2009-01-15 08:10
saheiziさん,
彼にとって「半分見えている世界」は観念的な国家と民族であって,現実的な国家と民族は何も見えていない,ように思われます。
Commented by convenientF at 2009-01-15 10:16
チンピラ社員だった頃、「偉そうに、大所高所からみたいな口を叩くヤツに限ってカネに汚く、何でも会社や取引先に請求する。それが世の中だ」と直属上司に教わりました。

子供のセンセイの接待費から修学旅行代までツケ回しをする管理職が結構いましたね。部下の出張費伝票にも素直にハンコを捺さないくせに。
Commented by gakis-room at 2009-01-15 18:06
CFさん,
このような人たちの子とを「さもしい」と言うのですね。


<< 寒い朝      きょうから奈良は「冬日」に入ります >>