2009年 01月 08日
冬の星座
午前4時05分,こんな時間に眠ることもなく起きているのはどうしたことでしょう。いつもであれば眠りから覚める頃です。昨日の昼寝のせいでしょうか。それとも理由もなく晩酌を少しだけひかえたせいでしょうか。

それはともかくも,少し早いとは思いましたが,先ほど昨年来のゴミ出しをしてきました。星がとてもきれいでした。きれいと言うよりもいつもよりたくさんの星を見ることができました。

昔は銀河を含めて夜空にはたくさんの星が輝いていました。今でもそれは変わらないのでしょうが,いつのまにか私には見えなくなりました。私はそれを私の目の衰え(人並み以上の近視です)と思って諦めていました。今夜(?)見た星空は私の虎が煙草を吸っていた頃にはほど遠いとはいえ,「こんなにも星がある」とうれしくなりました。

ふと,「冬の星座」を思い出しました。
  (1)  木枯らし 途絶えて
     冴ゆる空より
     地上に降りしく
     奇(くす)しき光よ
     もの皆 いこえる 静寂(しじま)の中に
     きらめき揺れつつ 星座は巡る

「いこえる」の部分は「憩える」です。ネットで調べてみるまではそれを私は「い凍れる」と思ってきました。なにせ,「冬の星座」ですから。何もかもが「凍る」のでなく「憩える」静寂とは何時頃のことでしょうか。この時間は確かに「静寂の中」です。「静寂の中に」は憩うとはどのようなことなのでしょうか。

西行も静寂には憩えなかったのでしょうか。
  寂しさに耐えたる人のまたもあれな 庵ならべむ冬の山里
[PR]

by gakis-room | 2009-01-08 04:08 | つれづれに | Comments(8)
Commented by saheizi-inokori at 2009-01-08 07:24
確かに静か過ぎるってことはありますね。
夜中に目が覚めると落語のテープを聴きます。
聴くが聞くになってやがて催眠薬として効くのです。
Commented by イネ at 2009-01-08 10:50 x
人も鳥も羊もみなぐっすりと幸せな眠りの中にいるんでしょうね。
ラジオ深夜便ご存知ですか?
私の部屋は電波が拾えなくて聴く事ができませんが、リスナーは多いと聞きます。
冬の星座、いい歌、いい訳ですね。
Commented by gakis-room at 2009-01-08 11:57
saheiziさん,
いつもは布団の中で本を読んでいると(広げていると)自然に眠くなるのですが,昨日は少しも眠くならず,ついに強制睡眠(寝酒のこと)に頼りました。
Commented by gakis-room at 2009-01-08 12:07
イネさん,
若い頃はラジオの深夜放送をよくききましたが,いつのころからか聞かなくなりました。

堀内敬三の訳は美しい叙景歌ですが,原詩は明るいラブソングだそうです。
Commented by 高麗山 at 2009-01-08 17:54 x
早めに心療内科をたどって、依存症の治療をいたしましょう!
Commented by gakis-room at 2009-01-08 19:30
高麗山さん,
「強制睡眠」は年に1度あるかないかですよ。依存症ではありませんから(笑)。
Commented by Mr.Yo-Yo at 2009-01-09 17:43 x
星が見えない最大の理由は目が慣れないからだと思います。
雲があったり、視界の下側に街頭があったり、空が都市圏の光で明るかったり…。
四時ぐらいだと、暗いのでしょう。
奈良だとなおさら見えるとおもいますよ。
Commented by gakis-room at 2009-01-09 19:01
Mr.Yo-Yoさん,
その通りだと思いますが,同じ町に住んでいますが,以前はもっと見えたように思います。私の場合はやはり目の衰えだと思います。


<< 「近くの公園」の2番目の花,ホ...      私の「初詣もどき」,浅草寺 >>