2008年 12月 29日
ついに立ち枯れたようです,麻生内閣
d0006690_22523928.jpg
最近の内閣支持率です。日本経済新聞の世論調査は,ようやくその骨格が明らかになった第2次補正予算について,パネルまで使って説明した麻生首相の記者会見後のものです。

支持率の低下傾向に歯止めがかからないだけでなく,不支持が急速に拡大していることが特徴でしょうか。毎日新聞によれば,歴代内閣の支持率のなかで,退陣前の不支持率が70%を超えたのは,森内閣(支持9%,不支持75%)だけです。

「政局より政策を」,「スピード感が大切だ」との自身の言葉を裏切り続けてきた内閣は「ついに立ち枯れた」ようです。

私たちの不幸は,この立ち枯れが「郵政選挙」のフィーバーの結末であることを噛みしめることもなく,苛立っていることでしょうか。

「支持する」と「自民に投票」が対応しているのに比べて,「支持しない」と「民主に投票」との格差があまりにも大きいこともまた私たちの不幸といえそうです。
[PR]

by gakis-room | 2008-12-29 22:54 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/9128707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2008-12-30 10:28
日本が立ち枯れていきそうです。
Commented by convenientF at 2008-12-30 17:02
>「支持しない」と「民主に投票」との格差があまりにも大きいことも

アーァ!
やっぱり「労働者革命」かなぁ。
民主も社民も共産も「お坊ちゃん集団」ですからねぇ。
Commented by gakis-room at 2008-12-30 18:10
高麗山さん,
この国が立ち枯れるのが先か,私が立ち枯れるのが先か?!(笑)
Commented by gakis-room at 2008-12-30 18:12
CFさん,
>やっぱり「労働者革命」かなぁ
その「労働者」が見あたりません。
Commented by Mr.Yo-Yo at 2008-12-30 21:17 x
>「政局より政策を」,「スピード感が大切だ」との自身の言葉
私は国会議員ではないのでよくわかりませんが、なにかと文句を言っていた福田元首相が言っていた「誰も協力してくれない」も上記の言葉が守られない理由の一つのようです。尤も、「慎重な政治」というのが基本なのでこのことも追い打ちをかけているのは言うまでもありません。
いっそのこと独裁政治だったら「スピード」を出せると思いますけどねえ。
(もちろんたくさんの危険を伴いますけど)NHKの大河ドラマ「篤姫」に出ていた徳川家定の言っていた「トップは孤独」は今も当たっているのでしょうか。安倍元首相が反麻生派なのは皮肉なものです。
Commented by gakis-room at 2008-12-30 23:32
Mr.Yo-Yoさん,
>いっそのこと独裁政治だったら「スピード」を出せると思います
スピードだけだったらそうかと思います。しかし,世界恐慌後にアメリカ大統領に就任したF.ルーズベルトは「ニューディール」の主要な基本政策を就任してから100日間で通過させました。私が彼を20世紀のもっとも偉大な3人の政治家の1人と考える所以です。

安倍晋三氏は反麻生派でしたっけ。


<< 合理性の多様性と非合理性      何もない日,何も感じない日 >>