2008年 12月 22日
私が裁判員を「拒否」する理由
来年5月に始まる裁判員制度で、最高裁から通知を受け取った候補者3人が実名で反対や制度廃止を訴えています。3人は個人が特定できるかたちで候補者になったことを公にしてはならないととの規定にもかかわらず,それを承知の上で実名で会見しました。

いくつかの新聞によれば,3人は以下のように述べています。

「(候補者が実名を公表することなどは)違反と知っていたが、素人が審理しても意味がない。反対の声を大きくしなければと(今回)参加した」
「死刑や無期懲役という重大事件を裁くことは心に傷を残す」
「人は裁かないとの信条を持っており、裁判員は拒否する。法律の素人が審理しても意味がない」
「職業によって参加が義務だったり、そうでなかったりするのはおかしい」
「裁判官に市民感覚で仕事してもらえばいい。制度は税金の無駄遣いで、生きるのに困っている人のために使うべきだ」


では私ならどうしたでしょうか。あまり籤とか抽選には縁のない私ですが,裁判員には選ばれたいと思っていました。選ばれた場合,私は候補だけでなく,裁判員をも「辞退」するのではなく「拒否」するつもりでした。私の拒否理由は簡単です。

「裁判員を国民の義務とする法的根拠がない」,これに尽きます。
1つの法律で,勝手に「国民の義務」を課せられては困ります。くわえて,裁判員として見聞きしたことについては生涯にわたって守秘義務が課せられことはもっと困ります。

憲法18条 …犯罪に因る処罰の場合を除いては,その意に反する苦役に服させられない

私には裁判員として拘束されることは苦役です。守秘義務が課せられることも生涯にわたる苦役です。私にはこれまで他人の秘密を職業柄知り得たことはいくつかあります。しかし,その職業は私が自ら選択したものですから,守秘義務は道徳的課題として受け入れています。

しかし,憲法に明示もされていない義務を何故国家は強制しようとするのでしょうか。「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」は悪法であり,私にとっては明白な憲法違反の法律です。

私は「国民主権の原則を司法を含む三権を国民が支配する」ことだと考えています。したがって司法に国民がかかわることは正しいと考えています。このことと「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」とは無関係です。

裁判官に国民的が感性欠如しているのであれば,司法への関わりを「法科大学院」の特権にするのことをただちに廃止し,ある年限を経過した裁判官にはコンビニででも数ヶ月間はたらいてもらいましょうか。あるいは「多様な働き方」とか偽称して言われる「非正規労働」の経験でもしてもらいましょうか。
[PR]

by gakis-room | 2008-12-22 21:32 | つれづれに | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/9097277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高麗山 at 2008-12-23 00:51 x
概ね、パチパチです!
Commented by convenientF at 2008-12-23 03:30
>ある年限を経過した裁判官にはコンビニででも数ヶ月間はたらいてもらいましょうか。

今まで裁判に関わった経験から、20年以上他の職業を経験した者を裁判官に認容すべし、と主張してきています。フツーの生活や世間知では幼稚園児並み、論理的思考力では老犬にも劣る裁判官が多いんですよ。
Commented by saheizi-inokori at 2008-12-23 06:46
判検交流なども廃止して欲しいですね。
取り調べの透明化もすべての過程を義務付けなければ。
Commented by gakis-room at 2008-12-23 10:36
高麗山さん,
法の論理は何処へ行ったのでしょうかねえ。
Commented by gakis-room at 2008-12-23 10:41
CFさん,
法科大学院の特権化はますますフツーの感覚から遠ざかることになるような気がします。
裁判員の関わった「一審判決を大切に」だなんて,三審制の自殺です。
Commented by gakis-room at 2008-12-23 10:43
saheiziさん,
判検交流なんて仲間内だけの盛り上がりのように思われます。その分だけ,ますます蛸壺状況がすすむように思われます。
Commented by Mr.Yo-Yo at 2008-12-23 22:59 x
疑問に思う点があるので、少し書いてみようと思います。
①「素人が審理しても意味がない。」
どういう意味がないんでしょうか。確かに法律に無知識、無関心の人でも「人間が悪いことをしたかしていないか」を判断する単純なことが意外と今の司法界では重要になってくると思いますが。
②「死刑や無期懲役という重大事件を裁くことは心に傷を残す」
これは人によりけりですね。義務化にする最大の欠点です。
③「職業によって参加が義務だったり、そうでなかったりするのはおかしい」
これは然るべき区別だと思います。
Commented by gakis-room at 2008-12-24 07:17
Mr.Yo-Yoさん,
①〜③については多様な意見があると思います。
私は,候補になったことを実名で公表した人たちの意見に必ずしも賛成というわけではありません。記事にも書きましたが,国民が司法を支配することが国民主権と考えていますから,司法への関わりは国民の権利として考えたいと思っています。その上で,一方的に「義務」を押しつけられることに違和感を感じています。
Commented by saheizi-inokori at 2008-12-24 07:40
法曹界の人とか一定の行政職の人などが外されているのも良く考えるとワケワカです。
裁判員相互が名乗りあうというのも何故必要なのか。番号で呼び合ったっていいでしょうに。
思いつきの法律という側面も多いです。
Commented by gakis-room at 2008-12-24 09:55
saheiziさん,
「思いつきの法律」,私も同感です。年齢制限があるのもしっくり来ません。誰かが言っていたのですが,「火遊びをしていたら大火事になってしまった」という感じです。


<< 練炭火鉢      冬至とはいえ… >>