2008年 12月 13日
12月12日の魔除け
d0006690_914378.jpg私の虎が煙草を吸っていた頃は「忍術使い」でした。それは映画か物語の挿し絵の世界ですが,多くの場合,鎖帷子を着た「忍術使い」が口に巻物をくわえ,胸の前で印を切ると,足下から白煙が立ちこめて「忍術」の開始です。

なぜか大鷲に乗ったり,大蛇に乗ったりします。時に相手を幻覚で迷わしたりします。「幻術使い」というのもいました。映画「笛吹童子」の記憶でしょうか。

こんなことを思い出したのは,昨日の産経新聞(朝刊)で12月12日が石川五右衛門の命日らしい,ということを知ったからです。「ウィキペディア(Wikipedia)」によれば,彼の死は1594年10月8日らしいのですが,奈良県葛城市では12月12日のようです。泥棒に入られないための魔除けだそうです。

葛城市内には12月12日の石川五右衛門の命日に「12月12日」と書いた札を逆さに貼る習慣があるようです。屋根から来た泥棒が軒下をのぞき,「12月12日」のお札を見ます。その泥棒に「大泥棒の命日は仕事を休め」との戒めなんだそうです。(写真は12月12日の産経新聞朝刊)

私には,石川五右衛門は「世に盗人の種は尽きまじ」の大泥棒としてではなく,伊賀流忍者の「抜け忍」として記憶に残っています。高校時代に見た映画「忍びの者」(1962年,村山知義原作,山本薩夫監督,市川雷蔵主演)によります。新鮮な驚きでした。そして,私にとっては「忍術使い」から「忍びの者」への転換でした。

伊賀の「抜け忍」といえば,白土三平の「カムイ伝」です。ここでは,「忍術使い」,「忍びの者」は消え,「忍び」の世界になっていました,その「忍び」の術比べとも言うべき「カムイ外伝」,「忍び」の術を科学的(?)に無理矢理に説明した「忍者武芸帳」にも熱中しました。

ところで,「カムイ伝」21巻,「忍者武芸帳」17巻を私の下宿から持って行って,まだ返していないのは誰ですか。
[PR]

by gakis-room | 2008-12-13 09:30 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/9055033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from el pajaro at 2008-12-13 13:45
タイトル : お気に入り  
今日も「集中誕生日」です。 昭和12年12月12日生まれの皆さんが71歳になりました。 この後、誕生日の「年」「月」「日」が同じ数字になるのは「平成2年2月2日」ですが、ほとんどが病院生まれでしょうから「集中誕生日」にはなっていないでしょうね。 なんだか寂しいなぁ。 世の中、バカバカしいこともなくっちゃ。 の後で流行ったのがこの歌。 私がステージで歌うときはこの「エノケン」バージョンの歌詞を使います。 こんなのもあります。 コレハご存じかな? ...... more
Commented by 高麗山 at 2008-12-13 09:40 x
永田町界隈の、あそう君に確認しましたか?!
Commented by saheizi-inokori at 2008-12-13 09:49
私じゃないですよ。その本読んでないもの。檀一雄の「真説 石川五右衛門」http://pinhukuro.exblog.jp/7044688は面白いですよ。
Commented by gakis-room at 2008-12-13 13:24
高麗山さん,
「ゴルゴ13」の世界とはかなり異質ですので,あそう君の趣味じゃあないなと思ってって,まだ未確認なんですよ(笑)。
Commented by gakis-room at 2008-12-13 13:26
saheiziさん,
あはは,saheiziさんてなかったんですね。

檀一雄が石川五右衛門をどんな風に書いているか,面白そうですね。
Commented by Mr.Yo-Yo at 2008-12-13 23:04 x
魔除けに札を貼ることはなんとなくわかりますが、
どうして反対向きなんでしょうかね。
逆効果にはならないんでしょうか。(笑)
Commented by gakis-room at 2008-12-13 23:14
Mr.Yo-Yoさん,
逆さに貼るのはこんな理由からだそうです。
泥棒は屋根から下をのぞき見るのだそうです。ですから,逆さに貼れば屋根から下をのぞき見たとき,正しい向きの札を見ることになります,だってさ。(笑)


<< 一番初めは一宮,八つ大和の八幡宮      言い訳 >>