2008年 12月 05日
ヒイラギ,懐かしい思い出です
d0006690_18272713.jpgヒイラギ 木犀(モクセイ)科 モクセイ属

柊(ヒイラギ)の花を初めて見ました。「例の田舎道」です。4弁の小さな花です。5ミリほどでしょうか。反り返った花弁と長く伸びた2本の雄しべが特徴的です。キンモクセイほどではありませんが,香りもあります。

ヒイラギと言えば,クリスマスと節分を思い出します。クリスマスに飾られる赤い実とヒイラギの葉はこれとは違うようです。

d0006690_18273894.jpgクリスマスに飾られる赤い実のヒイラギはセイヨウヒイラギ(西洋柊,クリスマスホーリー)で,こちらは「モチノキ科」,「モチノキ属」です。日本では「柊黐(ヒイラギモチ)」がよく代用されますが,こちらも「モチノキ科」,「モチノキ属」です。

節分にイワシの頭と共につるすのはこのヒイラギです。元来,ヒイラギの葉のトゲは邪気を払うとされており,それにイワシの悪臭を加えて完璧な「鬼は外」ということでしょうか。

ヒイラギには別の思い出もあります。姉と妹の通っていた高校のシンボルがヒイラギでした。何でも校庭にたくさん植えられていたそうです。

その高校の文芸誌の名前が「ひいらぎ」だったように思います。私の見たその文芸誌の表紙にはスイセンが描かれていました。確か,2色か3色刷りであったように思います。

当時の印刷と言えば謄写印刷です。いわゆる「ガリ版印刷」です。そのガリ版印刷でもカラー印刷ができるのだと感嘆したことを覚えています。そんなこともあったからでしょうか,高校,大学も含めて「ガリキリ」に熱中しました。

私の初めてのカラー謄写印刷は就職して3年目の年賀状でした。これは黒,赤,青の3色刷りです。多分,「ガリキリ」,謄写印刷(ガリ版印刷)といっても知る人は少ないと思います。遠い,遠い昔のことですから。私の虎が煙草を吸っていた頃のことです。

今では,パソコンでフルカラー印刷がいとも単にできます。しかし,ガリ版印刷は私には懐かしい思い出です。
[PR]

by gakis-room | 2008-12-05 18:30 | 花の手帳 | Comments(7)
Commented by saheizi-inokori at 2008-12-05 22:22
小学校で先生のガリ版印刷の手伝いに残されたことが懐かしい。友だちと一緒に帰れないのが嫌な反面、先生の手伝いをすることがなんとなく嬉しい職員室の隅っこでした。
社会人になって職場で広報紙を原稿もなく直にがり切りして部下たちからびっくりされたのも少し鼻が高かったなあ。ガリと共に去った我が鼻の高さ^^。
Commented by 高麗山 at 2008-12-05 22:38 x
もう何年経ったでしょう、たぶんgakisさんがもろもろを経験されたと同時期だろうと思います。
プレハブの職場で同僚がガリ切りをしていました、突然「高麗山、高麗山」の呼び声に近寄ると、「今切った、ガリが消えてゆく」と言います、良く透かしてみるとガリ特有の白いはずの筆跡が漠然とした字体に変化しています。
部屋の寒暖計を見ると、41℃を指していた懐かしい思い出がありました。それから何年後でしょうかクーラー(エアコンでは無い)が取り付けられたのは。。。

クリスマスと、お正月を兼ねたリースを毎年作ります。
クリスマスを飾るのは柊と赤い実をつけた草花、お正月は柊から、松と稲穂と金銀の水引に変わります。一つで両者を兼ねるエコなリースです!
Commented by gakis-room at 2008-12-06 09:52
フローラさん,
そうです,鉄筆で書きました。ガリ板も文字用4種類,線ないしは「つぶし」用を2種類くらい持っていました。最初の年賀状は,いたっておとなしいものでしたよ(笑)。下辺に花,上辺に鳥を図案化したものでした。

私は世界最初の活字印刷は高麗時代の「直指心経」かと思っていましたが,新羅までさかのぼれるのですね。
Commented by gakis-room at 2008-12-06 09:56
saheiziさん,
私もよく,印刷の手伝いをさせられました。職員室など行くところではないとおもっていましたから,ちょっとした緊張感があり,職員室の秘密に触れたような気もしました。
Commented by gakis-room at 2008-12-06 10:00
高麗山さん,
「ろう原紙」ですから,熱に弱かったですね。それを利用して,マッチを擦ってすぐ火を消したものを近づけて修正液代わりにもしました。

リースを毎年飾るのですか。意外にロマンチックですね,といえば失礼ですよね。
Commented by イネ at 2008-12-07 10:55 x
ヒイラギの花、私もみました。
近所の新しく建ったマンションの前庭(生垣?)に植えられたヒイラギにびっしりと白い花が咲いていました。見事です。
いままでヒイラギの花に気がついたことがありませんでした。
コーラスの練習に通う道なので、今度は香りを確かめましょう。
実がなるのが楽しみです。
Commented by gakis-room at 2008-12-07 13:22
イネさん,
私が見たのはひと株だけでした。マンションの植え込みなら,まさしく「びっしり」と敷き詰めたような感じなのでしょうね,美しさが想像できます。


<< 突然に,きっぱりと「絶対的に寒...      秋の名残としましょうか >>