2008年 11月 17日
カタバミ(オキザリス)2種
カタバミ科カタバミ属(Oxalis)には南アメリカやアフリカ等,熱帯を中心に850種ほどが知られているそうです。花の美しいものは日本でも園芸用に栽培され,その多くは学名のカナ読みでオキザリスと呼ばれています。

つまりは,外来種は園芸用でオキザリス,在来種をカタバミと言っているようです。外来種,つまりはオキザリスはインターネットで検索してみても,私にはなかなか正確な名前がわかりません。ですから,オキザリスの名前を特定することは諦めています。

d0006690_180399.jpgそのオキザリスかな,2種見ました。白色のカタバミ(オキザリス)は初めてです。

街路に沿った植え込みの中から2カ所顔を出していました。園芸種が移出したものでしょうか。葉の大きさも目立ちます。

d0006690_1805451.jpg薄紫色の花のカタバミ(オキザリス)です。別の花の鉢植えの根本にあふれていました。

こちらはムラサキカタバミの園芸種かも知れません。黒紫色の大きな三角形の葉が珍しいと思いました。
[PR]

by gakis-room | 2008-11-17 18:04 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by 高麗山 at 2008-11-18 00:30 x
カタバミ、耳にする言葉ですが写真を見ても記憶に留まっていません。

時たま、“ ウワバミ ”と言われることはありますが。。。
Commented by gakis-room at 2008-11-18 06:14
高麗山さん,
かくいう私も記事にあげながら忘れてしまうことも多いのです。念のために確かめて見ました。
07年4月23日「カタバミ」,4月27日「イモカタバミ」,5月29日「ムラサキカタバミと赤カタバミ」そして08年5月4日「タチカタバミ」を記事にしていました。

>“ウワバミ”と言われることはありますが
季節柄,機会も多いとは思われますが「飲み過ぎないように」ご自愛を(笑)。
Commented by yuuko-11 at 2008-11-18 10:11
「ハナカタバミ」が咲いているところがあるので、
葉っぱを見たのですが、
そこらに生えているのとはくらべものにならないくらい大きかったです。
野に生えているのも園芸種も、
見た目は清楚でかわいいという感じですが
けっこうはびこって困る品種ではあるみたいです(笑)
ただ今生えている葉は、冬に向かってどうなるのだろうというのが今のとこの疑問なんだけど…
Commented by gakis-room at 2008-11-18 18:14
yuuko-11さん,
私の見た大きな葉のカタバミはハナカタバミかと思いますが,まだ花を咲かせていません。
結構生命力があるようですね。青々としています。冬を迎えてこの後どうなるのか,楽しみと言えば楽しみです。


<< このまま立ち枯れていくのでしょ...      宿泊したかったのですが…,鞆の浦・2 >>