2008年 11月 07日
花期とは何だろうか,ジンチョウゲの花
d0006690_739712.jpg一昨日,いつも行くスーパーの植え込みにジンチョウゲの花が咲いていました。漢字では「沈丁花」ですが,私はこれを長い間「チンチョウゲ」と読んでいました。

それはともかくも「ジンチョウゲ」といえば春の花です。香りの強い花です。しかし,この季節に,やはり返り咲きなのでしょうか。

10月23日に書いたマツバウンランとホトケノザもそうですが,「花期」とはナンだろうか考えてしまいます。

とはいえ,きようから立冬です。平年では,奈良の最低気温はきょうから8度を下回ります。とはいえ昨夜来の雨のせいでしょうか,暖かい朝です。今朝の最低気温は14.9度でした。これは10月上旬並です。

週間予報では,平年を下回るとのことですが,はたしてどうでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2008-11-07 07:42 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/8884127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< きのうの最低気温が,きょうの最高気温      救国の論理のつもりだろうか,田... >>