2008年 11月 06日
救国の論理のつもりだろうか,田母神前航空幕僚長の所論
航空自衛隊幕僚長というよりも「空軍参謀総長」と言ったほうがわかりよい。今では「前空軍参謀総長」となつた田母神氏の最優秀当選論文「日本は侵略国家であったか」なるものを読んで見た。

論旨は次のようであろうか。
1 日本の対外進出は,相手国の同意のもとでのことであり,合法的,道徳的であった
2 日中戦争については,蒋介石の挑発が原因であり,日米戦争はアメリカの罠であった
3 そして,蒋介石とアメリカの背後にはコミンテルン(国際共産主義)の陰謀があった
4 よって,「侵略国家日本」なるものは濡れ衣である

「あるかも知れない」,「という説もある」を土台に「道徳国家日本の悲劇」を描いてみせ,独り,「歴史を抹殺された国家は衰退の一途を辿るのである」と義憤している。その論理のずさんさはとても近代戦を戦う「空軍参謀総長」のものとは思えない。

田母神氏の航空幕僚長の更迭を産経新聞は2日の主張(社説)で「個人の自由な歴史観まで抹殺するのであれば『言論封じ』として,将来に禍根を残す」と嘆いていた。しかし,田母神氏の所論は単なる歴史観の表明ではない。彼には「空軍参謀総長」としての危機意識があった。

彼は更迭後の記者会見でいう,
…戦後教育による「侵略国家」という呪縛(じゆばく)が国民の自信を喪失させるとともに、自衛隊の士気を低下させ、従って国家安全保障体制を損ねております

彼の所論によれば,航空自衛隊は1954年の創設以来,その士気はきわめて頼りないものだったことになる。なぜなら,「戦後教育」は自衛隊創設以前からあるのだから。そして,今なお,彼は「国民の自信の喪失」と「自衛隊の士気の低下」を嘆かなければならないのだから。

彼の所論は,彼流の救国の論理なのである。軍隊の本質的任務は現憲法下の国家秩序=憲法秩序を内外から破壊しようとするものに対して防衛するということではなく,憲法秩序を否定することによって国民と自衛隊は初めて蘇生するという。「憲法秩序の維持,防衛」は(自虐史観による)呪縛なのであり,マインドコントロールであり,むしろ否定されなければならないものなのである。

さらに言えば,彼にとって軍隊=自衛隊が防衛すべきは,日本及び帝国陸海軍が道徳的であったという彼の「真の近代史観」に適合する国家である。おそらく彼は,彼が言う「国民の自信の喪失」と「自衛隊の士気の低下」に必死になって抗いながら,航空幕僚長まで上りつめたのであろう。それを容認した自衛隊,防衛省とは何なのであろうか。

憲法秩序を否定して,軍隊が独自の国家観を最上位に置く論理を普通は「軍国主義」という。私たちはそのもっとも先鋭な形を北朝鮮の「先軍政治」の中に見ることができる。
[PR]

by gakis-room | 2008-11-06 16:34 | つれづれに | Comments(10)
Commented by 高麗山 at 2008-11-06 21:17 x
私の周辺にも、真顔で「南京虐殺」を否定したり、沖縄戦での自決強要を、口角泡して否定する人がいます。
それよりも、公職在任中にとんでも発言する橋下知事などは、本当に困りものです!

田母神氏と同様思想者は自衛隊に、ごまんといるのでしょうネ。
Commented by saheizi-inokori at 2008-11-07 07:25
多くの隊員にも“教育”していたようでマインドコントロールは自衛隊の中にも?
小説の中の話が現実になっているようでちょっと怖い。
根っこは深そうです。
Commented by gakis-room at 2008-11-07 07:51
高麗山さん,
ひとり二人の賞賛されるべき為政者はいたのでしょうが,「国の歴史」がまるごと賞賛されるなんてことはあり得ない,どうしてこんな単純なことが,常識にならないのでしょうかねえ。
Commented by gakis-room at 2008-11-07 08:06
saheiziさん
昨日,映画「レッドクリフ」を見てきました。曹操軍に追われて劉備は自軍に命じます,「盾となって民を守れ」と。

まあ,これはフィクションですが,件のお人,「民に協力を強い,民を犠牲にした帝国軍隊と決別する」という小論を書けば,「真の近現代史」論としてかっこよかったのにと思ってしまいました。
Commented by saheizi-inokori at 2008-11-07 10:00
「万死に一生」と言う本を読むと、フイリピンの島の人々がいかに日本軍の侵略を憎悪していたかが分かります。
普通の大人しい住民たちが銃を取って山に入りゲリラとして戦う。
そして沖縄では日本人を盾として兵が洞窟を分捕った。
今又、沖縄を、、。
Commented by gakis-room at 2008-11-07 22:14
saheiziさん,
百人近い自衛官が懸賞論文に応募したようです。しかし,入選は0です。つまりは,審査が「厳正」だったとすれば,この論文の域にも達していなかったということです。喜ぶべきことか,悲しむべきことか,複雑な気持ちになります。
ひょっとしたら,「最優秀」はアバグループと審査員との談合だったかも知れないと思ってしまいます。
Commented by saheizi-inokori at 2008-11-08 22:52
レッドクリフ、私も観てきました。
面白かったです。

自衛隊はクーデターを起こすつもりか、まさかね。
Commented by gakis-room at 2008-11-09 08:44
saheiziさん,
田母神氏の論理を発展させれば,マインドコントロールに陥っている国家を「腐敗」とし,これを救出するためにクーデターもまた愛国の情のなせる技となるように思います。
Commented by saheizi-inokori at 2008-11-09 23:03
根が深いというのはそのことです。どうもかなりの確信犯がいそうだ。
クーデタまではまさかと思うけど。
Commented by gakis-room at 2008-11-10 12:42
saheiziさん,
自衛隊によるクーデターの可能性はゼロだと思いますが,「濡れ衣」論は至る所にあるように思います。麻生首相はかつて「創氏改名」は朝鮮人が望んだから,とかいっていましたが,それも同根だと思います。
1939年のきょう,「創氏改名」の法,「朝鮮民事令」が公布されました。


<< 花期とは何だろうか,ジンチョウゲの花      きれいなハート形の葉です,マル... >>