2008年 11月 05日
きれいなハート形の葉です,マルバアサガオ
d0006690_872399.jpgなぜでしょうか,私はアサガオは夏の花と思っていました。このところ,あちこちででアサガオを見ます。

マルバアサガオ(丸葉朝顔)
ヒルガオ科 サツマイモ属

11月1日の「遠回りの帰り道」で見ました。フジバカマを見た同じ川の土手です。花の大きさは5センチくらいでしたから,アサガオとしてはやや小振りです。

10月24日のアメリカアサガオは個性的な葉をしていますが,マルバアサガオは「丸葉」というよりもきれいなハート形です。

熱帯アメリカ原産で,江戸時代初期に渡来したとされています。観賞用に栽培される他,野生化したものも多いそうですが,私は初めて見ました。
[PR]

by gakis-room | 2008-11-05 08:07 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by ume at 2008-11-05 09:25 x
>私はアサガオは夏の花と思っていました。
いかにも謙遜している風を装いながら、今まで「注意力散漫で表記の野草をなかなか見つけることができません」とコメントしていましたが、よく考えれば、奈良と新潟、開花時期にズレがあるのに気がつきました。だから・・と負け惜しみを言いつつ、
この地でこの時期に咲いている花、タンポポは注意力散漫の私の目にもはいるのですが、これって早咲きでしょうか。それとも遅咲き?
Commented by gakis-room at 2008-11-05 10:34
umeさん,
地域の違いとそれに伴う開花時期の違いは大きいと思います。
私だって,「近くの公園」なり「例の田舎道」で今年見た花は昨年には気づきませんでしたから,似たようなものです。

タンポポは「年中無休」と思っています。
Commented by saheizi-inokori at 2008-11-05 13:05
江戸時代、ハート型と言う観念はあったのでしょうか?
心の臓の形、なんて。
Commented by gakis-room at 2008-11-05 19:02
saheiziさん,
ハート型なんて言葉はありませんから,「三つ葉葵のご紋の形」だったりして。


<< 救国の論理のつもりだろうか,田...      きょうは奈良県の独立記念日 >>