2008年 10月 30日
いよいよ紅葉の進行です
d0006690_7454351.jpg紅葉や黄葉が進行する条件は,一日の最低気温が10度以下の日が続くと色付き始め,さらに5度以下になると一気に進むそうです。

12日には9.9度でしたが,これは例外です。奈良の平年の場合は,24日から最低気温は10度以下になり,きよう30日からは9度以下になります。

奈良の最低気温です。
  28日 8.9
  29日 9.8
  30日 9.7

すでにあちこちで紅(黄)葉は始まっていますが,いよいよ,紅(黄)葉の進行です。

京都の叡山電鉄の鞍馬線の市原と二ノ瀬駅の間に「もみじのトンネル」があるそうです。夜間は車内の明かりが消され,ライトアップされた紅葉が見られるとのことです。

11月13日からです。見て見たいと思いますが,どうなりますか。

 「冷ややかに水をたたえてかくあれば 人は知らじな火を噴きし山のあととも」(生田長江)
 こんな景色のところに浮かぶ紅葉は,いつも変わらぬ私の空想の世界です。
[PR]

by gakis-room | 2008-10-30 07:47 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/8844273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2008-10-30 08:29
火を噴き足りないと紅葉の色も今ひとつ冴えないのかも。
Commented by gakis-room at 2008-10-30 16:44
saheiziさん,
あはは,私はもう死火山ですよ。
Commented by ume at 2008-10-30 18:42 x
盆栽は、夏季の管理が悪いとなかなか紅葉しません。今、鉢の中で紅葉しているのはハゼとマユミだけです。モミジ、カエデ、ケヤキはもう葉っぱが落ちました。
Commented by 高麗山 at 2008-10-30 21:42 x
紅葉の進行を読んで…
中学時代に習った紅葉の機序を思い出しました。
紅葉は、クロロフィルがアントシアン→クリサンテミンに変化。
黄葉は、クロロフィルがカロチノイドの一種→キサントフィル類の黄色。
褐葉は、タンニン類の酸化→フロバフェン(フェノールの一種)という赤褐色の物質に変化。
褐葉以外は不思議に覚えていました。もっと的確に説いてくれたのは、紅葉~落葉はホルモンや温度差の違いはあれ、女性の生理に似通っているのだ!と中学生相手に説いた理科の先生でした。
Commented by gakis-room at 2008-10-31 07:10
umeさん,
マユミを初めて知りました。かわいい実を付けるのですね。弓の材料とか。
それにしても,盆栽は難しいそうですね。
Commented by gakis-room at 2008-10-31 07:24
高麗山さん,
いやはや,時代を考えるとすごい理科の先生がいたものですね。


<< 金正浩(キム・ジョンホ)の災難      今年の秋は短そうな気がします >>