2008年 10月 24日
葉の形が個性的です,アメリカアサガオ
d0006690_17532376.jpgアメリカアサガオ
ヒルガオ科 サツマイモ属

「例の田舎道」です。花の大きさは3〜5センチくらいですから,9月初めに「近くの公園」で見たマメアサガオと普通のアサガオの中間くらいでしょうか。支柱もありませんから,道路脇にかなり広い範囲で広がっていました。

d0006690_17533452.jpg葉のくびれに特徴があり,大きく切れ込んでいます。なお,変種としてこのくびれのないものもあり,そちらは「マルバアメリカアサガオ」というそうです。

名前の通りアメリカ原産で,戦後輸入穀物に混じって渡来し,その後野生化したとのことです。
[PR]

by gakis-room | 2008-10-24 18:11 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2008-10-24 21:41
珍しいのかなあ、それとも見過ごしているのか。
花の色も珍しいのかも。
Commented by 高麗山 at 2008-10-24 22:09 x
我々が殖育していた朝顔以外、全て“ 朝鮮朝顔 ”と蔑称していたような記憶があります。
一時期、穀類に混入して問題化した記憶もあります。。。
Commented by gakis-room at 2008-10-25 06:17
saheiziさん,
私も小振りのアサガオ。とくらいに思っていました。特徴的な葉に気づいて調べてみました。
Commented by gakis-room at 2008-10-25 06:21
高麗山さん,
チョウセンアサガオは概して大輪の花のようです。毒性も強く,華岡青州はこれを主成分に全身麻酔の方法を完成させたようです。


<< 二人の死とその評価,1909年...      おや,まあ,マツバウンランとホ... >>