2008年 10月 11日
色とりどりの実を付けるノブドウ
d0006690_11501131.jpgノブドウ ブドウ科 ノブドウ属
「例の田舎道」で見ました。5ミリくらいのカラフルなこの実はノブドウの実と教えていただきました。ノブドウの花をまだ見たことはありません。

花期は8月頃だそうです。淡緑色の小花ですが,5枚の花弁と5本の雄しべはすぐに脱落してしまうとのことです。

ノブドウが白緑色・褐紫色・赤紫色・青色とカラフルなと色とりどりの実をつけるのは,実の中に虫が入ってできる「虫こぶ」になったために変色したものだそうです。

ノブドウのカラフルな実が自然のものでないと知って少しがっかりしました。虫こぶにならない実は小さく,「淡緑色から淡い紫色を経て空色に熟す」そうです。写真の上方の緑色のものがそうでしょうか。
[PR]

by gakis-room | 2008-10-11 11:51 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by ume at 2008-10-11 18:31 x
私の目が節穴なんでしょうか,私の観察眼ではがきさんのブログに登場する植物たちになかなか出会えないのですが、ハイハイ、でも今日は出会えましたよ。それもついさっき。野ぶどうは盆栽仕立てにもできるようなのでちょい研究してみようかと思いました。久しぶりの白星です。
Commented by gakis-room at 2008-10-11 18:32
umeさん,
私は,多分環境に恵まれているだけのことだと思います。
ノブドウは食べ慣れないようですが,栽培もされているようです。盆栽仕立てがうまくいきますように。


<< 16人か15人か,2人か3人か...      ダイサギの朝食のメニューは何だろうか >>