2008年 10月 10日
ダイサギの朝食のメニューは何だろうか
d0006690_18371447.jpg「シラサギという鳥はいない」ということを知ったのは,一昨年の4月のことでした。

久しぶりに池で餌を啄んでいる(?)ダイサギをを見ました。「例の田舎道」の10時過ぎです。この秋,何度かダイサギをこの池で見ていますが,たいていはじっと立ったままでした。

それはそれでなんとなく風格があります。そして,こうして甲斐甲斐しく仕事をしているのも見ていても飽きないものです。

「例の田舎道」は途中までは緩やかな坂道です。奈良では。この3日間,夏日が続いています。汗をぬぐいながら,一休みをかねてダイサギの仕事ぶりを見ていました。そして,「最近はいい加減な食事しかしていないな」と思ったものでした。
[PR]

by gakis-room | 2008-10-10 18:43 | つれづれに | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2008-10-11 09:03
そろそろ、うまそうな「簡単料理」を紹介してください。
Commented by gakis-room at 2008-10-11 12:00
saheiziさん,
「簡単料理」ねえ。今年の1月以来,記事がありませんね。自分でも気づいているのですが…(^^;)
Commented by イネ at 2008-10-12 18:41 x
先日、「トウキョウソナタ」という映画をみました。食事のシーンがよく出てきます。家族の心はばらばらで、会話が行き交う代わりにケチャップやソースが手から手へ。でもなぜかとてもまじめに食事をしているのです。敬意を払っているように見えて、それが心に沁みました。
ダイサギの仕事ぶりをみているgakisさん、ちょっと似ていますでしょう?
Commented by gakis-room at 2008-10-12 18:52
イネさん,
ダイサギは本能の赴くままですが,私は「義務的」に食事をすることが少なくありません。ダイサギには及びません。
Commented by イネ at 2008-10-13 13:58 x
それにしてもいい写真です。
ダイサギにはこの自分の姿はみえないのでしょうが、ナルシスではありませんし。
本能のままでこんなにも美しい。
Commented by gakis-room at 2008-10-13 17:59
イネさん,
何の装いもしないのに美しい…。私にとっては無縁の世界のようです。


<< 色とりどりの実を付けるノブドウ      哀しきキンモクセイ >>