2008年 10月 06日
シロバナブラシノキの咲き方
シロバナブラシノキ
フトモモ(蒲桃)科  ブラシノキ属

「近くの公園」でシロバナブラシノキを見たのは9月21日でした。もうすぐ花期も終わりそうです。シロバナブラシノキについては昨年の9月22日にも書きました。そのとき,以下のように書いています。

花弁はあまり目立たずに脱落し,1個の雌しべと多数の雄しべが長く伸びて,花序は白っぽく見えます。つまり,私は雄しべをみていることになります。

今年は,もう少しはっきりと見ることができました。

d0006690_1533246.jpg蕾です。大きさは5ミリくらいです。緑色の部分が花弁でしょうか,あるいはガクかもしれません。

絡まった白い糸玉のようなものが伸び出そうとしています,雄しべです。

d0006690_1534341.jpgたくさんの雄しべが一斉に伸び出しています。花弁(ガク?)はまだ残っています。

こうした花が穂状に一斉に開くとブラシができあがります。

d0006690_1535385.jpg花序は5〜7センチくらいです。「ブラシ」のように見えます。花弁(ガク? )はすでに落ちています。
[PR]

by gakis-room | 2008-10-06 15:07 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2008-10-07 09:02
八重山ソバかと思ったらブラシに変化、白いのはあまり見ないです。なんて外に出たとたんにみるかも。
Commented by gakis-room at 2008-10-07 17:17
saheiziさん,
蕾の大きさは1センチにも満たないものです。見事な変化です。


<< どちらも間違っていませんか,麻...      権力の正統性の回復のために衆院... >>