2008年 10月 04日
ホトトギス,鳥の鳴き声とは大違いです
d0006690_1743587.jpgホトトギス(杜鵑)
ユリ科 ホトトギス属

昨日,「例の田舎道」で見ました。きょう,スーパーでの買い物帰りに畑の脇でも同じものを見ました。

花の大きさは3〜4センチくらいです。背丈は50センチくらいだったでしょうか。形といい,色といい何とも変わった花です。

花にある赤紫色の斑点が,ホトトギスの胸羽根の模様に似ていることからこう呼ばれているそうです。

d0006690_1744651.jpgほとんど同じ花にタイワンホトトギスというのがあります。また,タイワンホトトギスを元親にした園芸種も各種あるようです。

調べてみましたが区別ができません。これはタイワンホトトギスあるいはその園芸種かも知れません。

ところで,漢字では杜鵑と書きますが,鳥のホトトギスは不如帰あるいは時鳥と書きます。

その鳥のホトトギスについて,「ホトトギス」と言う歌があります。私の好きな歌の1つです。

「ほととぎす」
1.おぐらき夜半を 独(ひと)りゆけば
  雲よりしばし 月はもれて
  ひと声いずこ 鳴くほととぎす
  見かえる瞬間(ひま)に 姿消えぬ
  夢かとばかり 尚(なお)もゆけば
  またも行手に暗(やみ)はおりぬ
   (近藤朔風作詞・ライトン作曲)

1つの疑問がありました。果たして,ホトトギスは夜に鳴くのだろうか思ってきました。ホトトギスで検索すると花と鳥が混じって出てきます。その中にこんな一文がありました。

  ひなが巣立ちした頃に、夜中中鳴いていることがあります

「ほととぎす」の2番の歌詞は別れた友を思いやるものですが,そうでなくとも,暗き夜にホトトギスの澄んだ鳴き声を聞けば,やるせなさは募ってこようというものです。

ホトトギスの鳴き声はここで聞けます
[PR]

by gakis-room | 2008-10-04 17:07 | 花の手帳 | Comments(6)
Commented by maron415 at 2008-10-04 17:52
お~忍び音ホトトギスちゃん♪
見るぅ?返し!
http://maron415.exblog.jp/8940746/
「夜鳴くか?」
ググッてると夜じゃなくて夜中の2時過ぎから鳴き出す?という説が…
つまりがきさんといっしょ?(確か朝起きるのすごく早くなかったですか)
あっそうそう、花ですが、
ブログはじめたころ、私ホタルブクロとホトトギスがごっちゃになってましたよ(笑)
Commented by gakis-room at 2008-10-04 18:14
マロンさん,
そちらの方が上手に鳴いています(笑)。
夜中の2時ねえ。私の目覚めは3時,しばらく朝刊2紙で「ぐぜり鳴き」して,それから活動開始。ホトトギスと入れ違いですかね。
Commented by saheizi-inokori at 2008-10-05 09:10
ホトトギス鳴きつる方をながむればただ有明の月ぞ残れる
有明にも鳴いたようですね。
Commented by gakis-room at 2008-10-05 15:06
saheiziさん,
そんな歌もありました。迂闊でした。
Commented by イネ at 2008-10-06 22:55 x
夜なのに思わず歌ってしまいました。
一声いずこで転調するんでしたね。
詩もメロディーもいいですね。久しぶりに「ほととぎす」味わいました。
Commented by gakis-room at 2008-10-07 07:12
イネさん,
原詩は忘れ得ぬ人への切ない感情をうたったもののようです。2番の「別れし友」についてはこの記事を書くまでは,同性の友人とばかり思っていました。鈍感ですねえ。
「別れた友」を思いやって夜中に歩くなんてのは,やはり同性の友ではないですよね。


<< 権力の正統性の回復のために衆院...      ニラの花盛りですが… >>