2008年 09月 17日
オクラの花でしょうか
d0006690_11415910.jpgオクラ アオイ科 トロロアオイ属

「例の田舎道」で見ました。6〜7センチの大きさです。「オクラ」は時々食べますが,花を見たのは初めてです。少しわかりにくいですが,写真上部に「オクラの実」が3本ほどうかがえます。

「オクラ」はアフリ原産で。「オクラ」は英名(okra)です。その語源はガーナで話されるトゥウィ語の nkrama だそうです。私は和名かと思っていました。和名は「アメリカネリ」と言い,ほかに「陸蓮根(おかれんこん)」の異名もあるそうですが,こちらはなじみがありません。。

オクラとよく似た花に「トロロアオイ」があります。こちらは中国が原産で,「花オクラ」とも呼ばれています。根をすりつぶした粘液で和紙をすくときや蒲鉾や蕎麦のつなぎに利用されるそうです。

また,「トロロアオイ」と「オクラ」の種間雑種で「ノリアサ」というものも作出されています。

「オクラの花」としましたが,ひょっとしたら「トロロアオイ」あるいは「ノリアサ」の花かも知れません。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-17 11:43 | 花の手帳 | Comments(12)
Commented by 高麗山 at 2008-09-17 14:52 x
8月下旬、知り合いの農家の人が、奥さんが病気で寝込んだので一日だけ、オクラの摘み取りを手伝ってくれということで、早朝から摘み取りを手伝った。
長袖を着ていたので良かったが、茎に細かい棘を持っているので、摘み取りにはなかなか手間がかかる。花を見ている余裕もなかったが、確かに写真のような花だった。
何種類かの作物を知っているが、天に向かって結実しているのは、オクラと鷹の爪のだけしか知らない!
非常に成長が速くて、一日に3センチくらい伸びるので一日摘み取らないと、筋張って食べれなくなるようだ。
Commented by gakis-room at 2008-09-17 17:54
高麗山さん,
確かに成長は非常に早いようです。写真のオクラは15センチくらいありました。
なお,タチカタバミも「天に向かって結実」するようです。
http://gakisroom.exblog.jp/7834881  (2008年5月4日の記事)
Commented by saheizi-inokori at 2008-09-18 07:14
いつかテレビでオクラ料理ばっかり食べているアフリカの毎日を放映していたような気がします。黒く煮てあるスープ。
Commented by gakis-room at 2008-09-18 08:00
saheiziさん,
私はオクラはお浸しか煮付けしかできませんが,「オクラのレシピ 4709品 」というサイトがありました。アフリカではどのようにして食べているのでしょうか。
Commented by convenientF at 2008-09-18 13:16
母親は「オクラホマ」の「オクラ」だと信じていました。
やがて重度の脳血管性認知症になったのでそのままです。

アメリカでもメインディッシュの添え物やサラダに使われますから、そう信じさせておきました。
Commented by gakis-room at 2008-09-18 18:08
CFさん,
年代から考えるとお母様はずいぶんと国際的な視野をもたれた方だったんですね。
Commented by convenientF at 2008-09-19 04:56
gakis-roomさん、

>年代から考えるとお母様はずいぶんと国際的な視野をもたれた

これが不思議なんですよ。
あの世代ではせいぜいロンドン、パリ、ハワイぐらいのはずなんですけど、ジョージア州まで知っていました。
娘時代、金沢四高のラグビー部に「カレ氏」がいたそうなのでその影響かな?
Commented by gakis-room at 2008-09-19 07:25
CFさん,
ジョージア州なんて,今時の人でも知らない人が多いのに,ますますもって不思議な方ですね。四高・ラグビーとも結びつきませんしね。何か特別なきっかけでもあったのでしょうか。
Commented by ピョルスニ at 2008-09-20 23:34 x
15日から、高松に帰省して、gaki さんのblogを拝見できませんでした。オクラの花とアフリカ原産という言葉にひかれて・・・。オクラの花は、うちの近所の人達は、みなさん食べてます。私も夏には、時々いただいて、さっと茹でて、ぽん酢やドレッシングでいただきます。くせがなくて、食べやすいですよ。
エチオピアに住んでいたとき、お隣の奥さんがガーナの人で、オクラと魚のシチューをいただきました。薫製した小魚とオクラを煮込んで、椰子油もたっぷり入っていて、それをお米の粉から作ったフウフウというボール状のものといっしょにいただきました。日本人の私には、ボリュームがあって、ヘビーで、昼食にいただいたのですが、晩ご飯が食べられませんでした。いまでは、懐かしいアフリカの思い出の一つです。
Commented by gakis-room at 2008-09-21 18:08
ピョルスニさん,
オクラの花も食べるんですか。知りませんでした。花を食べると言えば,思いつくのは菊くらいです。近所の皆さんもオクラを作っているのですか。では,少しも珍しくはないのですね。
Commented by ピョルスニ at 2008-09-21 18:33 x
オクラの花は、がくにも、小さな毛のようなチクチクしたとげのようなものがあるので、それを取って、花の部分だけ茹でて食べます。
ゆで汁は、鮮やかな黄色で、何か染められないかなぁと、いつも思います。gakiさんも機会があれば、オクラの花を食してみてください。
Commented by gakis-room at 2008-09-21 19:23
ピョルスニさん,
きっときれいな黄色のゆで汁なんでしょうね。花の色から容易に想像できます。問題は媒染によって色が変わらないかとなとも思います。


<< 9月18日,1931年      瞬きの間とはいえ,1秒長くなる... >>