2008年 09月 12日
クズの花,くずについて知ったこと
d0006690_6192013.jpgクズ(葛)
マメ科 クズ属

名前だけは知っていても,そのものについて何も知らないことはたくさんあります。「クズ」もその1つでした。

「例の田舎道」でクズの花を初めて見ました。うっそうと繁った葉の間から,いくつか顔を出していました。花序の背丈は15cm〜20cmくらいです。





【クズについて知ったこと】
1.名前の由来
「吉野葛」で知られるように,奈良県吉野町国栖(くず)がクズの産地であったことからといいます。 漢字の「葛」は漢名からです。「カズラ(葛)」は蔓性の植物の総称です。例:スイカズラ

2.クズの薬効
クズは地下茎は大きなものは太さ20cm,長さは数メートルになるといいます。ここに大量のデンプンを貯蔵します。根を乾燥させたものが「葛根(カッコン)」で,これを主原料にした煎じ薬が「葛根湯」です。風のひきはじめ,肩こり,神経痛にきくそうです。また,クズの花は二日酔いに効用があるとのことです

3.クズ粉
葛根をつぶしてデンプンを抽出したものが「クズ粉」です。高級デンプンとして和菓子や料理などに用いられ,「吉野葛」が有名です。

4.蔓
蔓は強靭で,民具を作るときの材料とされるそうです。四国の「かずら橋」は有名ですが,あれはクズの蔓を使っているのでしょうか。盛夏には1日で1m程も伸びると言われるほど成長し,太い茎を伸ばして繁茂するそうです。林業的にはせっかく植栽した樹木に巻き付いてしまう害草とのことです。

5.秋の七草
秋の七草の一つ。一応多年生草本に分類されるそうですが,草と言うよりも,樹木のようです。ハギ(ヤマハギ)も草のイメージからはちょっとかけ離れています。

6.その他
北アメリカにも1876年にフィラデルフィアの独立百年祭博覧会の際に日本から運ばれて,牛馬の飼料作物および庭園装飾用として展示されたのがきっかけとして,東屋やポーチの飾り,さらには緑化・土壌流失防止用(「テネシー渓谷開発(TVA)はその代表例」)として推奨され一時は持てはやされましたが,現在は有害植物及び侵略的外来種に指定されているそうです。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-12 06:29 | 花の手帳 | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/8596618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 好都合な虚構 at 2008-09-12 15:27
タイトル : 疲れたなぁ....      
欧州旅行で案内役を引き受けた東京在住の英国青年に騙され、様々なPTSD症状を発して妻が入院してから14ヶ月。その煽りで私も短時間覚醒とパニックディスオーダーに苦しめられ、同じ病院に入院してから13ヶ月。 病院経営者側とのトラブルで二人とも退院し、その後1年間、徒歩の距離にある大手の精神病院に外来患者として通院してきたが病状は一向に好転しない。強いて言えば私の短時間覚醒が減り、パニック発作が出なくなったことぐらいか。 通院は2週間ごとだが、毎回2時間から3時間待ち。 それでも我慢して通って...... more
Commented by saheizi-inokori at 2008-09-12 06:48
子どもの頃母が作ってくれたくず湯、それが葛湯なんですね。うかつにも今初めて知りました。
神経衰弱というカード遊びみたいなものでそれぞれをよく知っていて、実はそれが同じものだということに気がつかない。
それだけ大人になってからくず湯を飲んでいないということですが。
Commented by gakis-room at 2008-09-12 07:09
saheiziさん,
ああ,そういうことだったんだ,と知らされることがたくさんあります。たとえば,夏の日よけの「よしず」もそうです。漢字では「葦簀」ですが,葦(あし)をなぜ「ヨシ」というのか。「悪し」を嫌って「良し」のようです。その葦簀も見なくなりました。
Commented by maron415 at 2008-09-12 09:51
この花、売るほど咲いています(笑)
私も撮ってみたんですが、
改めてこの花って、藤みたいにぶら下がってるんじゃなくて、立ってるんだなあと思いました。
花はきれいなんですが、このツタの生命力はすごいです。
だれか持って帰って~
Commented by 高麗山 at 2008-09-12 11:42 x
吉野地方で、実際に葛根を掘る作業を見ました、かなり過酷な作業でした。自然薯ほど丁寧に掘らなくても良いようですが、その分太くて、深く掘る必要があるそうです。
県外から、来られた方たちは珍しさもあって良く買い求められるのをみます。
今は掘る人が、少なくなり、かなりの馬鈴薯の澱粉が添加されているようです。
Commented by gakis-room at 2008-09-12 12:31
マロンさん,
1日で1mも伸びるのであれば,もう処置なしですね。実からだけでなく,根っこからも繁殖するみたいです。
Commented by gakis-room at 2008-09-12 12:33
高麗山さん,
太いものでないと,くず粉への効率が悪いようです。かなり過酷な作業のようですね。中国産もあるようです。
Commented by ピョルスニ at 2008-09-12 19:30 x
gakiさん、お久しぶりです。
クズは、我が家の周りにも繁殖していて、花も咲いています。本当に成長が早くて、庭に生えると大変です。でも、蔓は、籠を編むのに利用できます。ただし、編み始めの細かい部分は、アケビの蔓を使います。アケビほど、しなやかではないので。
私の故郷讃岐のお隣、阿波にあるかずら橋は、サルナシ(しらくちかずら)などの蔓で作られているようです。
利用価値は、とってもある植物なのですが、放置しておくと、害草って言われるのも気の毒ですね。
Commented by gakis-room at 2008-09-13 08:27
ピョルスニさん,
サルナシ(猿梨)を調べて見ました。ツルは直径約5cm,長さは50mにも伸びるんだそうです。非常に丈夫で腐りにくいことから「祖谷のかずら橋」の材料にも使用されているとのことでした。ありがとうございます。

シナサルナシが改良されて,キウイになったんですって。


<< これはキンエノコロでしょうかム...      小さなアサガオです,マメアサガオ >>