2008年 09月 10日
「モドキ」が正式名称だなんて,サフランモドキ
d0006690_939770.jpgサフランモドキ(サフラン擬き)
彼岸花(ひがんばな)科。
ゼフィランサス属

「近くの公園」の空き地に1本,ぽつんと咲いていました。ヒガンバナと同じように,茎と花だけです
これは間違いで,葉が先行します(2016年8月19日)
花の大きさは4センチ,背丈は20センチくらいです。

1845年に観賞用に持ち込まれた西インド,メキシコの原産ですが,現在では広く野生化しているそうです。

わが国に渡来した当時は間違って「サフラン」と呼ばれていましたが、本物のサフランと区別するために後に「サフランモドキ」と改名されたものです。

サフランはアヤメ科,クロッカス属(サフラン属)です。それにしても「モドキ」とは。少しかわいそうな気もします。

花言葉は「歓喜」,「潔白愛」だそうですが,「モドキ」への異議申し立てをしているような気がしないでもありません。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-10 09:42 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/8586805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maron415 at 2008-09-10 14:12
この花なんですが、6月末から7月はじめにも咲いていなかったですか?
たぶん、そのころと、9月最初ころに咲いていたと思います。
植えたわけでもないのですが、ある決まったとこに、いつのまにか花が咲いています。
もうすぐヒガンバナの季節ですね♪
Commented by gakis-room at 2008-09-10 19:09
マロンさん,
私は9月に初めて知りましたが,6月〜7月でも咲いているようです。
また,おなじヒガンバナ科でアルストロメリア(和名・ユリスイセン)もよく似た花です。http://gakisroom.exblog.jp/8004130/にあげました。


<< 小さなアサガオです,マメアサガオ      「その8 おまけ」(今日の天気... >>