2008年 09月 08日
マメ科・ハギ属のシロハギです
d0006690_648868.jpgシラハギ(白萩)
マメ科 ハギ属

シラハギ(シロハギ,シロバナハギ)はミヤギノハギの変種とも,「ニシキハギの栽培品種」とも言われているそうです。つまりは,園芸種として植えられ野生種は存在しないということのようです。

茎は木質化して固くなるが,年々太くなって伸びるようなことはなく,地上部は一部を残して枯れ,根本から新しい芽が毎年出るとのことです。

d0006690_6482367.jpg「近くの公園」に咲いています。他の木の若枝に混じって,根元からにゅっと伸びています。

花言葉は「思案」,「前向きな恋」とありました。「前向きな恋」があれば,「後ろ向きの恋」もあってよいようです。ところで,「後ろ向きの恋」,ちょっと,気になります。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-08 06:55 | 花の手帳 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/8575681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2008-09-08 07:21
思案と前向きな恋が両立するって理想的なのか?
Commented by gakis-room at 2008-09-08 10:19
saheiziさん,
「後ろ向きの恋」の方が思索により大きな刺激があったりして(笑)。
Commented by saheizi-inokori at 2008-09-08 21:54
それは間違いないです。ただし、後ろ向きの恋って、あるのかな。恋は盲目、思案の外っていいますよね。
Commented by 高麗山 at 2008-09-08 23:19 x
一直線男に、お二方の”大人の話”は理解できません!
Commented by gakis-room at 2008-09-09 09:39
saheiziさん,
昨夜も考えてみました,「後ろ向きの恋」を。「不倫」,「三角関係」…。まあ,「あっしには関わりねえことでござんす」といったところで,秋の夜の一人酒はお開きでした。
Commented by gakis-room at 2008-09-09 09:40
高麗山さん,
今朝,思い出しました。「老いらくの恋」というのもあったと。これは前向きか後ろ向きか(笑)。
Commented by saheizi-inokori at 2008-09-10 00:03
重陽の恋なんていいですね。意味分かんないけれどなんとなく菊の香りがして雅な恋。
Commented by gakis-room at 2008-09-10 10:07
saheiziさん,
「聞くの香り」する恋ですか。ちなみに,9月9日は「男色」の日でもあるそうです。
Commented by saheizi-inokori at 2008-09-10 10:17
いやはや、自分で上のコメント書いているうちに、こりゃそういう意味にもなるなあ、と思い始め消そうとも思ったのでしたが。
モドキでもない、普通に雅な秋の恋と言う意味でした^^。
Commented by gakis-room at 2008-09-10 11:01
saheiziさん,
「野菊の如き君なりき」ってのもありましたね,と書こうと思ったのですが,指か勝手に動いてしまいました(笑)。


<< セイカイ不思議発見      「荒れ地・盗人・萩」だなんて,... >>