2008年 09月 07日
「荒れ地・盗人・萩」だなんて,アレチヌスビトハギ
d0006690_621849.jpg「例の田舎道」です。熊笹(?)の茂みの下から顔を出していました。

アレチヌスビトハギ
マメ科 ヌスビハギ属

「荒れ地盗人萩」と穏やかでない名前ですが,5ミリ大の小さな花をいくつも付けています。「例の田舎道」ではミソハギも今が見頃です。

d0006690_6212520.jpgこれで「ハギ」と名のつく花を3つ知りました。ヤマハギとアレチヌスビトハギはマメ科ですが,ミソハギはミソハギ科です。
 
【名前の由来】
荒れ地
「道ばたや造成地などの荒れ地に生育する」とのことですが,わざわざ「荒れ地」する必要もないように思います。北米原産ですが,「外来種」程の意味でしょうか。

盗人
在来種に「ヌスビトハギ」があります。マメが2つにくびれるその形が,盗人(ぬすびと)が足音をたてないように,足の外側だけを使って,こっそり歩いたときの「足あと」の形ににていることからの命名です。その「ヌスビトハギ」に似ているというわけです。

ただ,「ヌスビトハギ」のマメは2節ですが,アレチヌスビトハギ」のマメは4〜5節で,やっかいな「ひっつき虫」です。

d0006690_6213882.jpg
[PR]

by gakis-room | 2008-09-07 06:25 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2008-09-07 09:43
盗人が忍び込んでも衣類についてバレテしまうというような意味かと勝手に思っていましたがよく考えるとおかしな考えであったことがよく分かりました。
Commented by maron415 at 2008-09-07 09:57
草花のお名前というのは、いかに適当かと思いました。
しかし、荒地なんてわざわざつけなくてもいいのにね(笑)
Commented by gakis-room at 2008-09-07 16:01
saheiziさん,
「saheizi説」,おもしろですねえ。変に納得しながら,笑ってしまいました。
Commented by gakis-room at 2008-09-07 16:07
maronさん,
いい加減というか,適当というか,一体誰が命名するのでしょうかねえ。「草」は「ソウ」であったり「クサ」であったり。この時期,まだ「ヘクソカズラ」(http://gakisroom.exblog.jp/5741918)なんてのも咲いています。


<< マメ科・ハギ属のシロハギです      束の間の平穏? 「警備レベル1... >>