2008年 09月 04日
ヒルガオではありませんでした,ペチュニアです
d0006690_675797.jpgペチュニア 別名 ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)
ナス科 ペチュニア属

これまでも夏になるとあちこちでよく見てきた花です。私はヒルガオとばかり思っていました。しかし,蔓性ではないことに最近気づきました。

ペチュニアと教えていただきました。品種改良も多く,500種以上の品種があるそうです。また,花も大輪,中輪,小輪種があり,八重咲き,一重咲き,色の多種とバラエティーにとんでいます。

しかし,ペチュニアは花の大きさから,「ムルチフローラ(小輪種)」と「グランディフローラ(大輪種)」に分けられます。ムルチフローラは花の大きさが5cm程度で一度にたくさんの花を咲かせる多花性種です。一方グランディフローラは10cmほどの大輪の花を咲かせますがムルチフローラほどたくさんの花を咲かせなく,雨に弱い性質があるとのことです。

写真は「近くの公園」に沿う街路樹の根元に咲いたいたものです。花の大きさは5cmほどですから,「ムルチフローラ」ということになります。私がこれまであちこちで見てきたものも「ムルチフローラ」です。

ペチュニアの花期はずいぶんと長いようですが,もうすぐ終わります。

なお,別名はツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)ですが,
 ペチュニア  ナス科    ペチュニア属
 アサガオ   ヒルガオ科  サツマイモ属(アサガオ属とするものもあります)
 ヒルガオ   ヒルガオ科  ヒルガオ属
です。
[PR]

by gakis-room | 2008-09-04 06:20 | 花の手帳 | Comments(0)


<< ちょっと踏めない,ハナトラノオ      復元されて消えた閔妃(明成皇后... >>