2008年 08月 23日
これも小さな花です,ヒメマツバボタン
d0006690_12493271.jpgヒメマツバボタンと教えていただきました。
スベリビユ科
マツバボタン属

一昨日のクルマバザクロソウと同じ場所で隣り合うように咲いていました。花の大きさは7〜8ミリです。小さいものは5ミリほどです。

「ヒメ」は小さい花の名前によく使われます。小さなマツバボタンということでしょうか。松葉ボタンは八重ですが,これは5弁です。

d0006690_12495693.jpg葉は肉質で,長さは長いもので2センチです。地面を這うように広がっています。花の基部に白い毛束が見られます。それで別名を「ケツメクサ」といいますが,本当に詰め草にするのでしょうか。

小さな花ですが,クルマバザクロソウよりも大きく,色も鮮やかな赤紫色なので,それほど注意しなくても気づきます。

クルマバザクロソウ,ヒメマツバボタンの横にもう一つ花があります。まだ蕾ですが,どんな花を咲かせるか楽しみです。

追記
「ケツメクサ」は「毛詰め草」ではなく「毛爪草」の間違いです。コメントで教えていただきました。

[PR]

by gakis-room | 2008-08-23 12:56 | 花の手帳 | Comments(6)
Commented by フローラ at 2008-08-23 15:40 x
毛詰草ではなく毛爪草ですって。
英訳すれば<毛深いスベリヒユ>でした。


ちいさなつぼみのその後が楽しみです。

Commented by gakis-room at 2008-08-23 17:26
フローラさん,
ご指摘ありがとうございます。早速,追記をしました。シロツメグサを「白爪草」と最近まで思っていました。

蕾は1ミリくらいです。これも小さな花のようです。でも,ひょっとしたら葉にしかならない芽かも知れません。
Commented by gakis-room at 2008-08-23 20:04
フローラさん,
追記の名前をコメントに変えました。ご了解ください。

鳳仙花は聞いたことがあります。美しい曲ですが哀しい歌でもあります。
Commented by gakis-room at 2008-08-23 22:27
フローラさん,
「朝露」を私は知りません,というよりも韓国の歌をそんなには知っていないのです。私は「風の丘を越えて」(ソビョンジョ)を見てから,テグムを好きになりました。
Commented by フローラ at 2008-08-23 23:17 x
朝露は金敏基の歌です。谷村シンジの昴を彷彿させるもりあがる曲です。テグムは横笛ですよね。パンソリの映画でしたね。
Commented by gakis-room at 2008-08-24 09:58
フローラさん,
おはようございます。金敏基について調べてみました。「地下鉄1号線」の人だったのですね。朝露もネットで聞くことができました。なかなかいい歌ですね。


<< 無理をしなくてもいいのに,寒暖...      「夏の終わり宣言」をします >>