2008年 08月 14日
ソフトクリームの記憶
d0006690_1631665.jpg私の虎が煙草を吸っていた頃,この時期になると,アイスキャンデー売りが小旗をはためかせて自転車を走らせていました。夏の風物詩の一つでした。

色は白だげてなく赤とか青とかがあったように思いますが,どれも同じ味だったように思います。アイスクリームは多分あったのでしょうが,私には無縁でした。

午前中は氷屋も来ました。冷蔵庫といえば,50年以上も前のことですから,上段に氷の塊を入れて冷気で冷やすものでした。

大きなのこぎりで氷の塊を,シャッシャッと切り出し,途中でのこぎりを抜いて背を切り目に入れてトンと押すときれいに割れます。子供たちには切り出す時にできる氷の切りくずを掬うのが楽しみでした。

初めてソフトクリームを食べたのは小学校5年か6年の夏だったように思います。叔母の買い物にお供して,ごちそうになりました。しかし,です。なぜかその日は体調が優れず,1つのソフトクリームを持て余していました。

それでも賤しさが勝っていたのか,叔母への義理立てか,無理をして全部食べました。それがトラウマになりました。以来,私は現在までソフトクリームを食べたことがありません。アイスクリームもだめでした。

今では,アイスクリームはチョコレートとともに冷蔵庫の常備品(?)ですが,それでもバニラだけはソフトクリームとどこかで繋がっていて,手が出ません。バニラアイスクリームとソフトクリームを受け付けないのはこのような理由からですが,好き嫌いとは私の場合どうもいい加減なようです。

プロセスチーズはだめですが,朝食はピザトーストです。
生柿はだめですが,干し柿は好きです。
[PR]

by gakis-room | 2008-08-14 16:07 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/8446330
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 好都合な虚構 at 2008-08-15 15:50
タイトル : 戦犯?   
「梟通信~ホンの戯れ言」で既に言及されているが、『文藝春秋』(9月特別号)に「医療費削減の戦犯は誰だ」という記事がある。1997年に大蔵省に入省したが2006年7月に32歳で財務省を辞めた元キャリア官僚である。「村上正泰」という人だ。 「医療費削減」という政策自体は、「梟通信~ホンの戯れ言」で管理者のsaheizi-inokoriさんがお書きになっているように“別に事新しいニュース”ではないのだが、たとえば療養病床(長期療養の必要な患者が入院するベッド)の6割、23万床の削減によって、主として高齢者...... more
Commented by saheizi-inokori at 2008-08-14 20:18
私も同じ年頃にソフトクリーム初体験でした。
夏休みに山梨の叔母の家に遊びに行くと一度は甲府に連れて行ってくれて岡島というデパートでこれを御馳走してくれたのです。
前の日から楽しみにしていました。
山梨というのは今の山梨市で中沢新一さんの実家に下宿していたのです。
Commented by gakis-room at 2008-08-15 09:15
saheiziさん,
まだデパートの大食堂があこがれの時代でした。
叔母さんは中沢新一さんの実家に下宿されていたのですか。その頃,中沢さんはまだ小学校以前だったでしょうか。ところでsaheiziさんは中沢さんのご縁者ですか。
Commented by saheizi-inokori at 2008-08-15 15:19
新ちゃんはまだ小学校には入っていなかったかもしれません。
まったく縁はないのです。
祖母と叔母が大きな屋敷の端っこの一部屋と台所(小作用?)を借りていました。
邸内に何軒かの長屋みたいなのがあって借りて住んでいる人もいました。主人は御存知かもしれませんが民俗学などで知られる中沢厚さん、温顔でブドウつくりなどもしていましたよ。共産党員だということを祖母が教えてくれてなんだか”違う”人なんだなあ、と思ったことを思い出します。
Commented by gakis-room at 2008-08-15 15:49
saheiziさん,
中沢家は学者一家なのですよね。
つまらないことをお聞きして申し訳ありませんでした。
Commented by saheizi-inokori at 2008-08-16 12:34
ご存じと思いますが歴史家の網野善彦は叔父になります。子どもの頃から学問、それも本質を追究する空気に包まれて育ったのでしょう。
落語家の円歌も中沢で「中沢家の人びと」という爆笑落語があります。
まったく違う中沢家、大笑いです^^。
Commented by gakis-room at 2008-08-16 14:26
saheiziさん,
中沢新一と網野善彦との関係については昨日知りました。
そうそう,円歌の本名は中沢でした。「中沢家の人々」って老人がたくさん出てくる話でしたよね。聞いたことがあります。
Commented by convenientF at 2008-08-16 16:36
大きなのこぎりで氷の塊を,シャッシャッと切り出し,途中でのこぎりを抜いて背を切り目に入れてトンと押すときれいに割れます。子供たちには切り出す時にできる氷の切りくずを掬うのが楽しみでした。

戦前戦中のことですが、近所のガキどもがこの瞬間を待っていて、どっと勝手口に集まってきました。私たちが先に取ろうとして母親に叱られました。
Commented by gakis-room at 2008-08-16 17:03
CFさん,
私は戦後ですよ(笑)。そして,もちろん私は「近所のガキども」の一人でした。


<< 「先の大戦」とその反省      強弁による自己保身,東条英機の... >>