2008年 07月 21日
不思議な花です,ハブランサス・アンダーソニー
d0006690_1727895.jpgハブランサス・アンダーソニー ヒガンバナ科 ハブランサス属

ハブランサス・アンダーソニーと教えていただきました。和名はないようです。

「近くの公園」のくさむらに1輪だけ咲いていました。背丈は20cm,花の大きさは1cmくらいです。

不思議な花です。葉もなく地面から茎だけを出して花を咲かせています。南米原産の園芸種です。どのように紛れ込んだのでしょうか。

ヒガンバナ科ですから,昨年の10月31日に,「ヒガンバナと球根」について書いたように,花が咲いた後に葉が出てくるのかと思いましたが,そうではないようです。

花自体は数日間で萎れてしまいますが,一度花が萎れても,又,同じ球根からいきなり花茎が伸びて,断続的に咲くそうです。しばらくは確かめたいと思っていますが,それにしても何とも不思議な花です。

非常に強健で,植えっぱなしでも越冬できるとのことですから,来年も見つけられたらと思っています。
[PR]

by gakis-room | 2008-07-21 17:30 | 花の手帳 | Comments(3)
Commented by 高麗山 at 2008-07-22 07:08 x
昨年の、10月31日以降、彼岸花に対する観察眼が変化しました!
真冬に、葉が青々と茂っていることを目の当たりにしました。
Commented by gakis-room at 2008-07-22 07:42
高麗山さん,
ヒガンバナも不思議な花ですが,このハブランサス・アンダーソニーに葉があるのかどうか,わからずじまいのままです。
Commented by gakis-room at 2008-07-22 19:24
フローラさん,
こちらは奈良です。いやはや暑いのなんのって。先ほど外出から帰りました。まずはビールを1杯,一息ついて,それからブログの更新をしました。

ハブランサス・アンダーソニーの葉について,来年の2月まで覚えていられるか自信がありません。それで,とりあえず,カレンダーの12月の末尾に「ハブランサス・アンダーソニーの葉を確かめよ」と書いておきましたが,あまり期待しないでください。


<< きょうは大暑です。明日からの3...      「超えよ,94年」 >>