2008年 07月 12日
ヒマワリは無数の花からできています
d0006690_15132122.jpgヒマワリ キク科 ヒマワリ属

「近くの公園」です。花の大きさは30cm以上,背丈は3m以上もありそうな大きさです。これだけの大きなヒマワリを見たのは久しぶりです。それなのに昨年は気づきませんでした。

「近くの公園」の花に関心をもつようになったのは,昨年の春からですが,昨年に気づかなかったことがどうも不思議です。

花びらの部分は「舌状花(ぜつじょうか)」で真ん中の黒っぽい部分は「筒状花(とうじょうか)」と呼ばれる小さな花の集合体です。

よく見ると,3mmくらいの小さな花がぎっしりと集まっています(写真下)。それこそ「ゴマン」の花の集合体です。周辺から中心に向けて咲いていきます。

写真は逆光なので,よくわかりませんが,3分の2くらいは咲いていました。逆光と言えば,この写真のヒマワリは東北の方角を向いて咲いています。

よく知られているように,ヒマワリは漢字では「向日葵」と書き,花は太陽の動きに合わせてそちらの方を向くと言われていますが,実際はそのようなことはないようです。

若い枝や小さなつぼみは太陽の方を向いて回ることもあるそうですが,咲いた花は一方向を向いておりそのような動きはしないようです(写真の花は若さを過ぎている?)。

中心の「筒状花」が咲き終わる頃には,周辺の「舌状花」は萎れてしまうか散ってしまいます。そして,花自体はうつむいてしまいます。

北アメリカ大陸テキサスやカリフォルニアの原産で,野生のものは60種。大輪のものは品種改良による物のようです。現在ではヒマワリ100選によれば,190種あまりの種類があり,花の色も多様です。日本への移入は1666年とされています。
[PR]

by gakis-room | 2008-07-12 15:19 | 花の手帳 | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2008-07-12 20:53
ゴマンもあるから種をぼりぼりやれます。
最近は食べません。
Commented by 高麗山 at 2008-07-13 08:54 x
そうなのか!
   種の一つ一つに花があり、それの集合体としての“向日葵”なんですね。

北海道の、深川近くで10万本といわれる向日葵畑を観ましたが、今は、20万本~30万本の畑はざらだそうで。。。
Commented by YUKI-arch at 2008-07-13 09:42 x
向日葵の標記が好きですね.

なんて読むのか、
そんな出会いの日々が思い出されて・・・.
Commented by gakis-room at 2008-07-13 12:28
saheiziさん,
やはり,酒のアテですかね。
Commented by gakis-room at 2008-07-13 12:39
高麗山さん,
ヒマワリの里ですね。何でも今では130万本だそうですよ。北海道は遠いですが,見てみたいとも思います。(いつか,行ってやる!!)
Commented by gakis-room at 2008-07-13 12:41
YUKIさん,
「向日葵」にいい出会いがあったのですね。みんなが充分に若かったころでしょうか。


<< きょうから55日間,真夏日が続きます      例によって,勝手に「梅雨明け宣言」 >>