2008年 06月 10日
和名はないのでしょうか,カンパニュラ・アルペンブルー
d0006690_19322660.jpgカンパニュラ・アルペンブルー
キキョウ科 ホタルブクロ属

カンパニュラというのは「小さい鐘」の意で,花の形を形容したものです。

キキョウ科の花には「カンパニュラ・○○」という名前が多いようです。単に「カンパニュラ」といえばフウリンソウ(風鈴草)です。

「カンパニュラ・アルペンブルー」はバルカン諸国原産。花茎を伸ばし,たくさん花をつけるので,鉢に入れてハンギング(吊り下げ)にむいているそうです。

いつもよく行く建物の植え込みに広がっていました。花の大きさは3cm位です。星形とブルーの花が群がっています。しばらくは見とれてしまいます。

さてさて,和名はなんと付けましょうか。
[PR]

by gakis-room | 2008-06-10 19:32 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2008-06-11 08:11
アルプス青ヒトデ、品がない?分かってます。
Commented by gakis-room at 2008-06-11 11:03
saheiziさん,
「アルプス青ヒトデ」,一応は受付させていただきます(笑い)。


<< 哀しき「政治ゴッコ」,思想なき...      色鮮やかなビヨウヤナギ >>