2008年 06月 09日
色鮮やかなビヨウヤナギ
d0006690_17301632.jpgビヨウヤナギ(美容柳)
オトギリソウ科 オトギリソウ属


和名は「未央柳」とも書くようです。5cm位の花ですが鮮やかな黄金色と長く伸びたたくさんのメシベが特徴的です。

「例の田舎道」で見ました。道からは少し離れた窪地に咲いていました。中国原産の半落葉性の低木ですが,「柳」とはほど遠い感じです。なぜヤナギなのでしょうか。

ビヨウヤナギによく似たような花に「ヒペリカム・カリシナム」があります。グランドカバーとしてよく利用されているとのことです。こちらはヨーロッパ原産です。

学名は
  「ヒペリカム・カリシナム」 Hypericum calycinum
  「ビヨウヤナギ」 Hypericum chinense

花からは私には区別が付きません。どちらも「オトギリソウ属(Hypericum)」です。この花は「ヒペリカム・カリシナム」かもしれません。

私はオトギリソウをまだ見ていませんが,「オトギリソウ」とは「弟切草」と書きます。何とも物騒な名前ですが,止血・傷薬などに薬効があるとされ,民間薬として使われたようです。

オトギリソウの花弁・顎には黒点と黒線がはいり,この黒点は「秘伝の薬草の名前を他人に漏らしてしまった弟を兄が切った時の返り血」との伝説が「弟切草」の由来のようです。
[PR]

by gakis-room | 2008-06-09 17:31 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/8066326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 和名はないのでしょうか,カンパ...      時間の流れに身を任せ…,ひどい... >>