2008年 06月 05日
花と葉が特徴的てす,クロタネソウ
d0006690_2252321.jpgクロタネソウ
キンポウゲ科 クロタネソウ属

「ニゲラ」の呼び方が一般的かもしれません。でも,私は和名のほうが好きですから,クロタネソウとしました。それに和名のほうが覚えやすいと言うこともあります。

由来は,種子が光沢のある黒色なので,黒種草と言います。花の大きさは5cm位で,背丈は50cmくらいでした。

葉は非常に細かく裂け糸状になっています。そして,5弁の花弁のように見えるのは花弁ではなく萼で,花弁は退化しています。

「例の田舎道」で見ました。畑の傍らです。これもきっと,5月30日にも書いたように,園芸種が移出したのではなく,植えられたものだと思います。
[PR]

by gakis-room | 2008-06-05 22:53 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/8043838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2008-06-06 17:12
見覚えがないです。
もっともこの間京都の町で「水無月」と言う菓子のことを教えてもらって旨いなあと感心して東京に帰ったらどの店でも良く観るのです。
黒種草も今日当たり気がつくかも。
Commented by gakis-room at 2008-06-07 09:35
saheiziさん,
そうです。一度見つけると,至る所にあるものです。私は野草で何回も経験しました。


<< 夕化粧って艶っぽい名前ですが,...      ヒメジョオン,漢字で書くと雰囲... >>