2008年 05月 30日
アルストロメリア(和名・百合水仙)
d0006690_19244660.jpg彼岸花科  ユリズイセン属

花言葉は「華奢」,「やわらかな気配り」,「幸い」,「凛々しさ(りりしさ)」,「人の気持ちを引き立てる」と多様ですが,どれもちょっと違うな,と思います。

強いて言えば「艶やかさ」でしょうか。「例の田舎道」の畑の傍らに咲いていました。南アメリカ原産ですが,品種改良はオランダ,イギリスが中心になって進められてきたようで,比較的新しい種類のようです。

たくさんの種類があって検索しても,この花がどの品種なのかは分かりませんでした。花持ちがとても長い,切花あるいはブーケとして人気があるそうです。

「例の田舎道」でいつも不思議に思うのは,畑の傍らにけっこう園芸種が植えられていることです。ガーデニングの心なのでしょうか,畑作業のかたわらの癒しなのでしょうか。いずれにせよ,私には嬉しいことです。

なお,アルストロメリアの名前の由来は,植物学者として有名なスウェーデンのリンネの友人で,植物学者「アルストレメール」にちなむとのことです。
[PR]

by gakis-room | 2008-05-30 19:25 | 花の手帳 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/8004130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< きょうは「世界禁煙デー」,私は...      人間様の都合で,善悪に反転,チガヤ >>