2008年 05月 26日
シナリオ通りに踊らされ,しかし,責任はすべて自前で。裁判員を拒否したい・2
いよいよ,裁判が始まります。裁判員としての私は出廷するために休暇を取らなければなりません。「年次有給休暇届」だけを出して,事情を隠しておけばいいのかもしれませんが,毎週に近い公判となれば,実際にはそうもいきません。口頭であれ事情を説明すれば,裁判員になっていることの噂はいつしか広まるというものです。

ましてや,実際の私の場合,時間契約労働ですから,年次有給休暇はありません。無断欠勤を避けるために,申告することになろうかと思います。私が裁判員になっている事実の漏洩については,私の見たところ「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」の罰則のどこにも該当しないようです。

噂を気にしながらも,(テレビドラマ「相棒」で実力を付けた)私は力を尽くして裁判員としての職務遂行を目指すことにします。なにせ,「市民感覚の導入」がもとめられているのですから。しかし,すでに事件の争点,日程等は裁判官,検察官,弁護人によって整理されており,その枠を越えることはむつかしそうです。「市民感覚の導入」は最初から制限されています。

事件の概要,適用されるべき法律等については裁判長が「丁寧に行うとともに,評議を裁判員に分かりやすいものとなるように整理し」てくれます。しかし,この時,裁判長による「裁判員の誘導」が試されます。法では評決は多数決によるとしていますが,裁判長は全員一致をめざすであろうと考えるのは私の「ゲスの勘ぐり」でしょうか。

また,裁判官は「法と良心よって独立して」職務を遂行することになっていますが,裁判官によっては,評決への市民感覚の導入よりも,上級審での逆転判決が最高裁の人事評価に繋がることを恐れて,より「裁判員の誘導」に熱心になるのではないかとも考えるのも,やはり私の「ゲスの勘ぐり」かもしれません。

かくて,シナリオに従って「市民感覚が導入」された評決,判決が出されます。ここで私は裁判員から解放されるのではありません。その後の私には死ぬまでの義務が待ちかまえています。つまり,評議の経過や,それぞれの裁判官・裁判員の意見やその多少の数(「評議の秘密」),その他「職務上知り得た秘密」を漏らしてはならないという守秘義務です。

裁判員としての私が知り得た秘密を漏らしたときは,今度は10万円の「過料」ではありません。6カ月以下の懲役又は50万円以下の罰金です。裁判の過程での様々なストレス,死刑廃止論者の私ですが,少数派であったために意に反して出された死刑判決に心はおだやかではありません。さらには生涯にわたる守秘義務,場合によっては判決内容についてのマスコミ,世論の批判に私は耐えられるでしょうか。

そのために私が日常生活に障害を持つようになっても精神科医に相談することもできません。障害の原因を述べれば,それは守秘義務違反になるかもしれないと恐れてしまうからです。口惜しいけれど,最初に10万円の「過料」をむしり取られても裁判員を拒否することになりそうです。

国民主権主義とは,私の理解では,「立法,行政,司法の三権を国民がコントロールすること」ですが,それは国民が直接的に裁判過程に立ち入ることとは別のことであるように思われます。
[PR]

by gakis-room | 2008-05-26 18:12 | つれづれに | Trackback(4) | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/7978305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2008-05-26 21:36
タイトル : しつこくてすみません つぶそう裁判員制度
若い頃地方支店で人事担当の課長をしていたことがある。 管内の現場社員が東京の反戦デモに参加して逮捕された。 そのため何日か欠勤したら本社からクビにしろという指示がきた。 他の支店ではその指示に従ったけれど俺は拒否した。 逮捕された事由も不明だし起訴されることもなく釈放されているのだから違法な行為をしたと決め付けるわけにはいかない。 急進的な労働運動家は会社当局から見るとうるさい・ありがたくない存在だ。 出来ればこういうときに排除したいと言う考え方も分からないことはない。 しかし、排除した...... more
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2008-05-26 21:37
タイトル : つぶそう裁判員制度 裁判員はお飾りか?(さっきの続き)
裁判員制度の問題点は前の記事にも書いた通りだがさっそくコメントいただいて感謝している。 以下の文章は最高裁判所が出している「裁判員制度」という広報サイトの中の「裁判員制度Q&A」にある「予定されていた審理期間が延びた場合はどうなるのですか」という質問に対する回答だ。審理期間については,公判前整理手続において,裁判所と検察官及び弁護人が協議をして,審理の進行について綿密な計画を立てますので,基本的に,審理期間が延びることはないと考えています。万一,審理期間が延びた場合,改めて裁判員の都合をお聞きす...... more
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2008-05-26 21:38
タイトル : ぜひ一読を! 西野喜一「裁判員制度の正体」(講談社現代選書)
続けざまでしつこいと思われるかも知れない。 しかし、何とかしてこの暴挙・愚挙を辞めさせたい。 そのために取りあえず本書のご一読をお願いしたい。 書いた内容には不釣り合いといってもいいほどこのブログにコメントをくださる方は知的レベルが高いし問題意識も鋭くかつ公正な意見の方が多い。 にもかかわらず頂いたコメントを拝見するとこの法律のことをほとんどご存じないのではないかと、おそれ多くも拝察しなければならなかった方が一人ならずいらっしゃった。 何を隠そう、かく申す俺がテレビの最高裁事務官の発言を聴く...... more
Tracked from 梟通信~ホンの戯言 at 2008-05-26 21:40
タイトル : 憲法違反だらけの裁判員制度
一昨日書いた裁判員制度、深く考えてもいなかったのにテレビでの最高裁の役人が「死刑判決を決めるのもみんなで渡れば怖くない」みたいな馬鹿な事を云ったのを聞いたものだから、寝た子が起きたというのか裁判員制度について少し本などを読んでみた。 分かったことは寝てちゃいけない!ってことだ。 どうやらとんでもないことが進行しつつある。 俺はいったい憲法を学んだことがあったのか? 我ながら情けない。憲法第76条第3項 すべて裁判官は、その良心に従ひ独立してその職権を行ひ、この憲法及び法律にのみ拘束される。...... more
Commented by saheizi-inokori at 2008-05-26 18:57
ゲスの勘ぐりで済むならもうとっくにこんな法案は法曹界内部の良識派によって葬り去られていたでしょうね。
中には裁判員対策としての予算や要員増加をもって仕事が増えたことを喜ぶ事務官もいるかもしれないです。
Commented by gakis-room at 2008-05-26 19:20
saheiziさん,
確かに,裁判員を如何にコントロールするかが担当事務官と裁判官の手腕,つまりは評価のポイントになりそうな気がします。
Commented by saheizi-inokori at 2008-05-27 07:48
妊娠中の女性は辞退できるなどと辞退可能な事由をあげていますが、世の中にはそっとしておきたいことも多いはずです。誰しも祝福された妊娠とばかりは限らない。
1年間の任期だったか、その間どういう人生になるか予測はつきませんね。
任命されたのちにどんな激変が起きるかも。それを公にしたい?
積極的に隠して悪い方向に利用する人もいるかもしれない。
Commented by gakis-room at 2008-05-27 08:19
saheiziさん,
故なく,国家に拘束を強いられる側としてはたまっったもんではありませんね。
Commented by YUKI-arch at 2008-05-27 17:47 x
この制度もつ意味が今ひとつ伝わってきません。

「制度ありき」ではなく、
なぜ必要なのかが、分からない事が最大の問題点でしよう。
Commented by gakis-room at 2008-05-27 20:01
YUKIさん,
>なぜ必要なのかが、分からない事が最大の問題点でしよう
このことは誰にも分からないような気がします。不思議です。


<< 夏日,2日/126日が過ぎました      「何もしない」のになぜ罪になる... >>