2008年 05月 24日
ワスレナグサ(勿忘草)
d0006690_20573019.jpgムラサキ科属 ワスレナグサ属

英名と和名と花言葉「私を忘れないで」が一緒という珍しい花です。名前のよく知られた花ですが,実物を初めて見ました。「例の田舎道」です。

7〜8mm位の小さな花です。この歌にまつわる伝説のせいでしょうか,花言葉には「真実の恋」,「真実の愛」もあるようです。しかし,私には「オオイヌノフグリ」の方がずっと可憐に見えます。

可憐さではキュウリグサだって負けていません。すべてネーミングの故のようです。

思い出しました。60年代にはやった歌に「忘れな草をあなたに」というのがありました。梓みちよ,倍賞智恵子あたりが歌っていたように思います。

  別れても別れても 心の奥に
  いつまでも いつまでも
  憶(おぼ)えておいてほしいから
  幸せ祈る言葉にそえて
  忘れな草をあなたに あなたに

こんな形で花を贈られた,と言うよりも,ここに至る状況は私にはありませんでしたが,こんな形で花を贈られたら「嫌み」だけが残ってしまうな,と思います。

もっとも,「着てはくれないセーターを寒さこらえて編んで」いる「冬の宿」の怨念に比べれば,私には耐えられそうです。

シャキッとしない日は続いています。
[PR]

by gakis-room | 2008-05-24 21:00 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by YUKI-arch at 2008-05-24 22:50 x
花言葉の「真実の恋」にあるように、
別れの後も引きずるのでしょうね。
私を忘れないでと・・・。
Commented by saheizi-inokori at 2008-05-25 09:04
花は枯れたら捨ててしまえますがセーターはね^^。
四川省に送りましょうか。
Commented by gakis-room at 2008-05-25 15:29
YUKIさん,
昔,昔,ずっと遠いと遠い昔,数十年も前に「未練」をひきづたことはありましたが,「未練」を押しつけるのはどうも…。
Commented by gakis-room at 2008-05-25 15:35
saheiziさん,
四川にも送りづらいですね。


<< 「何もしない」のになぜ罪になる...      寒暖差の大きさの故でしょうか,... >>