2008年 05月 10日
きれいなネーミング,ストロベリーキャンドル(紅花詰め草)
d0006690_14212867.jpg「例の田舎道」で見ました。ストロベリーキャンドルと教えていただきました。

マメ科,シャジクソウ属ですから,シロツメクサ,アカツメグサの仲間です。和名はベニバナツメクサ(紅花詰め草)です。

写真では細長い花序ですが,調べてみるとちょうど「苺」を逆さにしたような写真が多くありました。これがストロベリーキャンドルの命名の由来です。よく熟れているというか,鮮やかな赤色です。

他に,クリムソンクローバー,オランダレンゲなどの名があるようです。

【追記】 「花盗人」
今朝,昨日に書いた「オオツルボ」の花笠を見に行きました。なんと!,2本とも茎の途中から切り取られていました。切り口から見て,悪戯ではなく,花を生けるためです。なんとも,はや,ため息。
[PR]

by gakis-room | 2008-05-10 14:21 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2008-05-10 21:59
鮮やかな赤ですね。あまり見た覚えがないです。
花盗人、悪いことをしていると言う意識はないのでしょうか。
なさそうだ。
Commented by gakis-room at 2008-05-11 07:19
saheiziさん,
「例の田舎道」を歩き出して3年目になりますが,今年初めてストロベリーキャンドルを見ました。「見えました」と言うべきですね。

オオツルボ。善意で言えば,除草されなかった草むらにありましたから,「誰かが楽しみにしている」なんて考えてもみなかったのでしょうね。


<< 可愛くても「強害草」なんだって...      まもまく花笠になります,オオツルボ >>