2008年 04月 29日
「聖火リレー」考
聖火リレーが長野,ソウル,平壌を抜けて「お騒がせ」も一段落しました。一連のニュースの中で気になったことが1つありました。それは,「オリンピックはスポーツの祭典,平和の祭典である」ということを自明の理として語られたことの多さでした。

オリンピックの競技そのものが「祭典」であるかどうかは別にしても競技は魅力的です。しかし,私にはオリンピックは全体としては「政治」あるいは「商売」だと思っています。

「素っ頓狂」としか私には思えない今回の「聖火リレー」計画は,中国としては対外的には「国家威信のプロパガンダ」,国内的には「ナショナリズムによる精神の中央集権化」でしょうが,これを妨害しようとした側も「自由と文化の表明」と言うよりは「政治的プロパガンダ」のように思われます。

2度目の開催を立候補した東京都知事は立候補の理由として「閉塞感の打破」と言っていましたが,これもまたプロパガンダ,しかも矮小この上ないもののように思われます。

オリンピック憲章は次のように言います
「オリンピック競技大会は、個人種目もしくは団体種目での選手間の競争であり,国家間の競争ではない。オリンピック競技大会は,そのために当該NOCから指名を 受け,IOCがその参加を認めた選手たちが一堂に会し。当該IF(国際競技連盟)の技術的指導に 従い競技の成績によって競う大会である」

そして,開催は「都市」がするのだとしていますが,ならば,なぜ, 憲章は「オリンピック競技大会の開会宣言は開催国の国家元首によって行われるも のとする」としているのでしょうか。「組織委員会」の代表が開会宣言するのが自然のように思われます。

また憲章では
「開会式は,…選手団の1名がもつ選手団の旗とともに行進する」
「表彰式は,…優勝者の所属する選手団の旗がセントラル・ポールに掲揚され」「優勝者の所属する選手団 の歌(短縮したもの)が演奏される間は、メダル受賞者たちは旗の方向を向く ものとする」
としています。

「国家間の競争ではない」のであれば,「選手団の旗=国旗」,「選手団の歌=国家」がなぜ当然になっているのでしょうか。「国家間の競争ではない」のであるから国旗,国家の使用を禁止するのが,私には自然思われます。

中国のプロパガンダを批判するのではあれば,それを妨害する側のプロパガンダも同様に批判されなければなりません。そして,それ以上に「日の丸を背負うことの重み」などという「ソフトプロパガンダ」のいやらしさはもっと批判されなければならないように思われます。

【追記】
私は高校野球でも,旗を掲揚するのであれば「校旗」ではなく「部旗」がいいと思っています。
[PR]

by gakis-room | 2008-04-29 18:50 | つれづれに | Comments(16)
Commented by saheizi-inokori at 2008-04-29 20:21
まったく同感です。
金を幾つ取ったとか一覧表にするのは下品ですね。
Commented by 高麗山 at 2008-04-29 23:22 x
>「国家間の競争ではない」のであるから国旗、国歌の使用を禁止するのが……

オリンピック憲章も、日本国憲法第9条の運用も、所詮同じようなものと、私は思っています。
Commented by convenientF at 2008-04-30 04:37
>立候補の理由として「閉塞感の打破」

いまの日本の「閉塞感」は誰が創り出したのか。
ソレを打破するのであれば、「閉塞感」を生み出した連中が問題解決に当たるべきでしょう。
たかが「運動会」で「閉塞感」から抜け出せるほど日本人は幼くありませんよ。
Commented by 生徒 at 2008-04-30 10:48 x
心の中でもやもやと抱いていた違和感を、とても上手に表現してくれました。
そのとおりです!
Commented at 2008-04-30 10:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gakis-room at 2008-04-30 13:55
saheiziさん,
まもなく,メダル獲得の有望種目なんてことを騒ぎはじめるのでしょうね。
Commented by gakis-room at 2008-04-30 13:59
高麗山さん,
運用する者の哲学の貧困あるいは志の低さにかかれば何だってダメになってしまいます。ただし,「開会宣言は国家元首がする」とは憲章の条文です。ところで,東京オリンピックの時の開会宣言は誰がしたのですか。
Commented by gakis-room at 2008-04-30 14:05
cFさん,
その通りなんですが,いまだに彼が知事をしていたり,小泉復活待望論なんかを聞くと,この国の人たちは案外幼いかなとも思ってしまいます。60年代前半と違って,2度目のオリンピックの後は「閉塞感」が倍増しそうです。
Commented by gakis-room at 2008-04-30 14:10
生徒さん,
テレビ中継の時間にあわせて競技開始時間を設定したりするのですから…。
Commented by gakis-room at 2008-04-30 14:12
鍵コメ様,
そういうことでございましたか。気付きませんでした。また,日常の緊張感が1つできました。楽しみにいたしています。
ご依頼の件,承知いたしました。
Commented by Jade(2人目の生徒) at 2008-04-30 21:14 x
真の平和とは本当に訪れるものなのでしょうか。
環境問題のことも各国が都合の良いようにしている気がします。
しかもほんの一部分の人によって。
未来の地球が非常に心配です。
Commented by gakis-room at 2008-04-30 21:28
Jadeさん,
ようこそ。「真」であろうとなかろうと,平和という者は訪れるものではなく,つくっていくものだと私は思っています。
「自国の国益と安全を前提に」それぞれの国は平和を語る,と言うのが私の理解です。私の理解の限りでは例外はF・ルーズベルトだけのようです。
Commented by convenientF at 2008-05-01 05:05
>彼が知事をしていたり,小泉復活待望論なんかを聞くと,この国の人たちは案外幼いかなとも

そうですね。
石原知事出現が1999年、知事として最初に決断したのが「寝たきり老人や自活不能な認知症老人への月5万円を超える補助金」の廃止。
一方、小泉が厚生大臣に就任して最初に決めたのが「年金の支給開始年齢の65歳にへの引き上げ。

「平成の姥捨て」がこの二人によって実現したと言えるでしょう。

それを知らされていない「姥」たちは石原を崇拝し、小泉総理復活を渇望。

やっぱり「幼い」姥たち」ですね。
Commented by gakis-room at 2008-05-01 16:51
cFさん,
石原,小泉の支持層の世代は私には分かりませんが,なんとなく若年層に支持が多いのではないかと思っています。自覚された,あるいは自覚されないイライラが強烈な個性に惹かれていくのかなとも思っています。(何だか古い図式ですね)
Commented by convenientF at 2008-05-02 08:43
>若年層に支持が多いのではないか

私が接触した限りでは、仰る通り若い層、中年女性が中心のようです。
ガソリン代を初めとする諸物価の値上がり、そして長期療養入院していた老親などが病院からゴミのごとく放り出されて狼狽している人たちです。いずれも福田内閣になってから現実問題になった現象なので「悪いのは福田」です。

「小泉さんや竹中さんならこんな事にはならない!」なのです。

政府、あるいは自民党が「小泉竹中」を表立って攻撃できるはずはありません。
この人たちに真相を伝えるのは誰の仕事なのでしょうか。
本人たちの責任、で放置すればいいのでしょうか。

その前に、療養入院先先から放り出された「後期高齢者」をなんとかしなければなりません。それは誰の仕事なのでしょうか。


Commented by gakis-room at 2008-05-02 11:16
CFさん,
「改革」なる言葉が内実も不明のママに未だに跋扈しています。「小泉改革」の検証をなぜマスコミはしないのか不思議です。


<< 細い茎がすうっと伸びて,マツバ...      目立たない花,タチイヌノフグリ  >>