2008年 03月 31日
ムスカリです
d0006690_19324419.jpgユリ科 ムスカリ属

原産地は地中海沿岸・西南アジアで,別名をグレープヒアシンスといいます。花序をブドウの実に見たてた思われます。高さは15〜20cmくらいです。

「近くの公園」の3カ所で咲いています。野草ではないので,園芸種が移出してきたものだと思われます。

鮮やかな青紫色(白,黄色もあるそうです)とその形が特徴的ですが,花の1つ1つは下の写真のように壷型になっています。

「一面のムスカリ」を想像してみると,ラベンダー畑にも似た光景が浮かんできます。札幌の「百合が原公園」には「ムスカリの道」という花壇があるそうですが,行ってみたいとも思います。

花言葉は花の色のイメージからなのでしょうが,「通じ合う心」,「寛大な愛」,「明るい未来」,「失望」,「失意」,「絶望」と花序に反して全く混乱しています。
[PR]

by gakis-room | 2008-03-31 19:33 | 花の手帳 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/7606938
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by イネ at 2008-04-01 09:20 x
うちの庭かと思いました。ただいまこんな風にムスカリがにょきにょき咲いています。多分(多分ですが)球根をうえかえると葉っぱがぼうぼうにならないのかもしれません。しかし我が家は放任なので、こんな風に咲いています。花言葉、面白いですね。愛らしい花です。
Commented by gakis-room at 2008-04-01 11:00
イネさん,
「育てやすい」とありましたから,結構繁殖力があるのだと思います。また,「寄せ植え」がよいともありましたが,「放任」も素敵だと思います。


<< スイバ,スカンポのことです      福田首相の限りなく軽くなってい... >>