2008年 03月 29日
カンサイタンポポかな
d0006690_10591326.jpgタンポポはこれからが盛りなのでしょうか。「近くの公園」でもたくさん咲いています。

茎をすうっと伸ばしているものと茎はほとんどなく,ロゼットから花だけを見せているものがあります。

タンポポのほとんどはセイヨウタンポポで,在来種は少ないとのことですが,在来種のタンポポには,カントウ,トウカイ,カンサイが頭についていますが,昨日,カンサイタンポポ(と思います)を見つけました。

昨日見たものには総苞片(そうほうへん)が反り返っていませんでした。ですから,在来種に違いありません。

なぜカンサイタンポポなのか,カントウ,トウカイ,カンサイのそれぞれのタンポポの違いは私には分かりませんが,私の住んでいるところが奈良ですから,それだけの理由でカンサイタンポポだと決めました。

「近くの公園」の桜は五分咲きになりましたが,この1輪のカンサイタンポポは「私だけが知っている秘密」にも似て,まさしく少年の得意顔の気分です。

「近くの公園」のあそこにある,今朝も見に行ってきました。

※総苞片=キク科の頭花の外側にある数多くの鱗方葉(りんぺんよう)の集まりを総苞といい,その1枚の鱗方葉のこと。蕾時に頭花を保護する。
[PR]

by gakis-room | 2008-03-29 10:59 | 花の手帳 | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2008-03-29 16:42
昨夜は東京に住んでいる奈良県出身者と飲みました。住所が東京だから東京人、同じですね。
Commented by gakis-room at 2008-03-29 19:25
saheiziさん,
調べてみましたが,カントウ,トウカイ,カンサイタンポポの違いは分かりませんでした。それて,「現住所」主義でいいのかなと思っています。しかし,名前が違うのですから,きっと違いがあるという疑問は解消していません。
Commented by maron415 at 2008-03-30 14:02
袴がない!
こちらでは、シロバナの勢いがすごすぎて、黄色じたいが少ないです。
セイヨウとくらべると、花の感じが菊によく似ていますね。
桜の季節は、上を見たり下を見たり

ちっとも散歩が進まんとマロンが言っております(笑)
Commented by gakis-room at 2008-03-30 17:27
マロンさん,
シロバナタンポポは東日本にはまれで,西日本に多いようです。

「上を見たり下を見たり」,私は下ばかりを見ています(笑い)。


<< 福田首相の限りなく軽くなってい...      ハナニラです >>