2008年 03月 13日
シロバナタンポポを初めて見ました
d0006690_11575798.jpgシロバナタンポポです。実物を見るのは初めてです。1輪だけですが,「近くの公園」に咲いていました。

タンポポと言えば黄色ですが,手元の図鑑では「西日本ではシロバナタンポポだけが生える地域がある」とありました。

初めて見たせいか,1輪でも不思議な感じがするのに,一面のシロバナタンポポ,ちょっと見てみたくなります。

その黄色のタンポポも近年では,在来種はセイヨウタンポポに圧倒されていると言うことです。

2つのの区別は,「総苞片」(花を包む外側の鱗片)が反り返っている(セイヨウタンポポ)か,反り返らないで直立している(在来種)かによって,簡単に識別でできることは知っていますが,まだ,確かめたことはありません。

そして,その在来種もカントウタンポポ,トウカイタンポポ,カンサイタンポポなどと多様のようです。
[PR]

by gakis-room | 2008-03-13 12:00 | 花の手帳 | Comments(2)
Commented by maron415 at 2008-03-13 16:35
シロバナタンポポはよく見かけます(一面はないですが)
在来種にお目にかかりたいと、タンポポの花をめくってみるのですが、まだ遭遇したことありません。
↓のたぶんオニノゲシの葉っぱは、素手でさわると本当に痛いです。
Commented by gakis-room at 2008-03-13 17:58
マロンさん,
シロバナタンポポを私は初めて見ましたが,西日本には多いようです。
写真で見てもオニノゲシの葉は本当に痛そうですね。


<< 春のうらら      もの皆,春の装いを… >>