2008年 03月 06日
「近くの公園」の鳥たち
d0006690_17361727.jpg昨日はは冬眠していた虫も穴から出てくるという啓蟄でしたが,最高気温は8.6度で2月上旬のさむさでした。今朝の最低気温は−2.7度でこの冬4番目の冷え込みでした。

このブログで,続く寒さをおもしろく表現していました。

「早々とでてきてた虫が、間違えたと二度寝しそうな日でした」

とはいえ,「近くの公園」では鳥たちの鳴き声がにぎやかになっています。梅や桃の花の蜜を啄みにきているのでしょうか。

剪定から残されたトキワサンザシの赤い実を加えているものもしました。

私が知っているのは1枚目の右下のスズメだけです。3枚目はカササギのようにも見えますが,自信はありません。

寒さも今週末までのようです。「重いコートを脱いで出かける」ことになるのでしょうか。私の「カラ元気」も終わってしまいそうです。
[PR]

by gakis-room | 2008-03-06 17:37 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/7422828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by maron415 at 2008-03-06 19:53
鳥さんたちは、早くから、活動していましたね。
鳴き声は聞くのですが、残念ながらマロンがいるため、姿は撮ることができません(笑)
(よくやぶに向かってほえています。)
これから、わが家では、コジュケイの鳴き声がうるさくなります。
そうそう、やっとハコベの白とオオイヌ…の青とホトケノザの紅がいっしょに見られるようになりましたよ♪

Commented by gakis-room at 2008-03-06 21:06
maronさん,
マロンにとっては鳥は目障りなのかもしれませんね。
「近くの公園」ではようやく,ホトケノザがひとつふたつ咲き始めました。そちらと奈良の緯度の差と言うよりも奈良が盆地だからですね。
Commented by 高麗山 at 2008-03-07 00:53 x
眼の前の、台もちの実が昨日で食い尽くされました!
名も知らぬ鳥たちとのお別れです。。。
山も近いので餌さ台を作って、小鳥たちを呼び寄せようかとも思っています。
裏の森で、“ 鶯 ”が鳴くには、もう一呼吸の間が要りそうです。
Commented by saheizi-inokori at 2008-03-07 07:47
二枚目は目白でしょうが、三枚目は?
ソウルのカササギを一生懸命思い出していますが、似ているようでもあり、、。
Commented by gakis-room at 2008-03-07 08:58
高麗山さん,
餌台をつくって「小鳥の来る日」なんて,少年の日の夢の実現です見たいですね。
ウグイスにとってはもうしばらく「時にあらず」ですか。「例の田舎道」でもまだのようです。
Commented by gakis-room at 2008-03-07 09:02
saheiziさん,
メジロ,確かにそうですね。
私もソウルで見たカササギを思い出していました。早足で駆けてくれればと思ったのですが,池のほとりで水を飲んで,さっと飛んでいってしまいました。


<< 2mm程の小さな花,キュウリグサ      かけ離れた2つの名前,オオイヌ... >>