2008年 02月 29日
2月29日,閏年のこと
きょうは4年に1度の2月29日です。閏年については,ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が紀元前46年に制定したユリウス暦によること,そして,太陽年とユリウス暦との誤差をなくすために,1582年グレゴリウス暦で修正されたことを知っていました。

その誤差とは,ユリウス暦は1年を365.25日としていました。しかし,実際の太陽年の1年は365.24219879年(365.2422日)ですから,4年に1日,2月29日を加えても,0.0078日(約11分:128年で1日の誤差)ずれてきます。

  4太陽年   1460.9688日
  暦の日数   1461日
  4年での差  1−0.9688日=0.0312日(約44.928分)
         →128,21年で1日の誤差

この誤差がつもりに積もって,1582年当時,太陽年と暦との間に10日のズレがありました。それでローマ教皇グレゴリウス13世は乱暴にも「10月4日の翌日を10月15日」とし,以下のように閏年を改訂しました(グレゴリウス暦)。

(1)西暦年が4で割り切れる年は閏年とする。
(2)西暦年が4で割り切れる年のうち,100で割り切れる年は閏年としない。
(3)西暦年が4で割り切れ,100でも割り切れる年のうち,400で割り切れる年は閏年とする。

これで太陽年と暦との誤差は
  「400年で約26秒,3333年で1日」
となりました。私が知りたかったことは,なぜローマ教皇による改訂なのかでした。最近,ようやく知りました。

それはキリスト教の「復活祭(イースター)」との関係でした。キリスト教の伝説によれば,イエスは十字架上で死んでから3日目に「復活」しました。そして。その日を,「春分の日を3月21日」としたうえで,「春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日」と紀元325年に開かれたニカイア宗教会議で定められました。

つまりは,太陽年と暦の春分の日とを一致させることでした。かくて,「3333年に1日という誤差」付きながら,神の真理が地上で実現したというわけです。
[PR]

by gakis-room | 2008-02-29 07:36 | つれづれに | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2008-02-29 08:09
なんとなく分かりました。有難く一日を過ごすこととしましょう。次回の閏にはどうなっているかもわからないし。
Commented by gakis-room at 2008-02-29 09:21
saheiziさん,
そうですね。きょう1日が大切ですね。イエスも「明日のことは思いわずらうな」と言っていますから。でも,これって。「明日は明日の風が吹く」ということかなとも思ってしまいますが。
Commented by 高麗山 at 2008-02-29 09:41 x
今年の初めに、妻とのお小遣い交渉の際、閏年であることを認識しておくべきでした!

  “一日伸びることは、大変辛い!”  6月決算で修正します。

次の、閏年には関係なさそうだし。。。
Commented by gakis-room at 2008-02-29 17:32
高麗山さん,
それはそれは迂闊なことでしたね。6月決算で補正がうまくいきますように(笑い)。


<< 「寒冷化現象だあ〜」のまとめ・...      「余寒」お見舞い申し上げます >>