2008年 02月 13日
身の回りの異変,3件
d0006690_2136877.jpgその1
何よりも「寒冷化現象だあ〜」です。奈良が冬日となった1月13日からきょうで31日が過ぎますが,この間に,1日の最高気温の平年の下限,8.0度を上回ったのはわずか9日だけです。

私は excite blog のトラブルにもめげず,私は寒さに抗って「カラ元気」をなお持続させています。この「カラ元気」が異変のはじまりのようです。

その2
生活サイクルが狂いだしています。例外の日がないわけではありませんが,午後9時すぎには床につき,午前3半過ぎには目覚めるというのが私の「規則正しい」(?)永年の生活サイクルでした。

しかし,床につく時間に大きな変化はありませんが,ここ1カ月くらい,起床時間が狂い出しました。1度目覚めたあと,2度寝入りをすることが多くなりました。時には6時前後まで寝続けます。

一体,これは何に由来するのでしょうか。異変です。

その3
私は米をほとんど食べません。朝はピザトースト,昼はたいていは麺類,夜はビールとアテともいえるおかずだけです。

しかし,2月になって,突然に米を食べたくなり,夜に米を炊きだしました。これまでは秋に新米を2kg買っても,いつの間にか古米にしてしまっていたのに,この異変はいつまでつづくのでしょうか。

今朝の奈良の最低気温は−2.7度でこの冬1番の寒さでした。寒さはまだまだ続きそうです。
[PR]

by gakis-room | 2008-02-13 21:38 | つれづれに | Comments(8)
Commented by saheizi-inokori at 2008-02-13 22:39
うーん。
何が起きるのか?
天変地異の予兆かも。
Commented by 高麗山 at 2008-02-14 00:15 x
国内外の事情を身体が察知して、地産地消を要求しだしたのです!
ピザや、麺類の原料は殆どが国外ものです。gakisさんの精神と離反した国粋主義の身体が、純粋な行動に出ただけでのことで、何ら、“異変”ではありません!!!
まもなく、ビールよりも日本酒や薩摩芋焼酎に嗜好も変化する恐れがあります。
その時は、私を呼んで下さい。  私はビールを飲みながらあなたの身体状況を、篤と観察致しましょう。。。
「カラ元気」も、アルコール依存症の“初期症状”のようにも受け取れます。     いずれにしても、私、高麗山が一応観察する必要がありそうです。  ハヤマッタ行動に出る前に必ず、電話を頂きたい!
Commented by gakis-room at 2008-02-14 07:25
saheiziさん,
あはは。神懸かりの予兆か,単なる老化? いいえ,劣化が正しいですかねえ。
Commented by ume at 2008-02-14 07:28 x
その2はその1の影響でしょう。その3に関して言えば「今までの「米を食わない」と言うこと自体が、私には不思議なことでしたから↑のコメントのような危惧は私にはありません。これからは「ごはんのアテ研究も必要かと思われます。
Commented by gakis-room at 2008-02-14 07:29
高麗山さん,
>まもなく、ビールよりも日本酒や薩摩芋焼酎に嗜好も変化する恐れ
昨日,薩摩焼酎が2本届けられました。しばらくは「国粋主義」の求めに身を委ねることにします(笑い)。
Commented by gakis-room at 2008-02-14 07:35
umeさん,
ご助言ありがとうございます(笑い,いいえ神妙に)。これからは「ごはんのアテ研究」にも努力を傾けることにします。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-02-17 09:56
高齢期に掛かってからの睡眠サイクルの変化には要注意ですよ。

昨夏、入院した際に結婚後四十八年にして初めて米飯を口にしました。ベトベトでとても食えた物ではなかったので、毎食チョコッと舐める程度でした。
退院してみると、先に退院していた妻が初めて炊飯器を買い込み、ブランド米を買ってきて炊いていました。
佃煮類や、隣の農家が一般小売価格の十分の一で分けてくれる烏骨鶏卵で食すといけるんですね。
かくして、所帯を持って四十八年経ってから炊きたて銀シャリの新鮮な生活を送っております。
Commented by gakis-room at 2008-02-17 10:58
Count_Basie_Bandさん,
睡眠サイクルの変化の一番の影響は,朝食までに一仕事できなくなったことです。これはちょっとした焦りです。
米飯を食べるようになってから,佃煮類を買うようになりました。高麗山さんの言う「国粋主義」ですかねえ。


<< セント・バレンタインデー・2題      国宝第1号は欠番になるかもしれ... >>