2008年 01月 31日
ハンドボールを2夜連続で楽しみました
d0006690_18364071.jpg昨日,一昨日とハンドボールの日韓戦を楽しみました。女子は明らかに力量の差がうかがえましたが,男子は日本がリードする場面こそありませんでしたが,緊迫した接戦でした。

ハンドボールはマイナーなスポーツです。したがって新聞のスポーツ欄ではいつもベタ記事でした。しかし,いわゆる「中東の笛」が問題となり,アジア予選のやり直しが決まった頃から,新聞の扱いは次第に大きくなり,この数日はメジャー並みになりました。

NHKのBS1では2日続きの生中継でした。きょうの新聞はどれもサッカーの「岡田ジャパン」がボスニア・ヘルツェゴビナに3−0で勝利したニュースと同じかそれ以上の扱いでした。

私はカーリングのように,これを機会にマスコミがハンドボールをこれまでのようなベタ記事から格上げしてほしいと思いました。そして,ハンドボール選手を主人公にしたマンガが描かれたらとも思いました。

私はBS1での2日続きの生中継はNHKの快挙だと思っています。とはいえ,カーリングの時とは違って,その競技のルールを知らない者への配慮には欠けていたように思われたのは少し残念でした。

たとえば「スカイプレー」,これはハンドホールの醍醐味代表するプレーですが,私の見た限りでは説明はありませんでした。スカイプレーは空中に飛んだ選手がパスを受け取って着地する前にシュートするプレーのことですが,特に空中でパスを受けてから体をひねって横からシュートするスカイプレーは曲芸的ともいえそうです。

とまれ,私には楽しい2夜でした。
[PR]

by gakis-room | 2008-01-31 18:37 | つれづれに | Comments(4)
Commented by saheizi-inokori at 2008-01-31 21:31
中学の時にやって面白かった記憶があります。
昔は体育館(講堂)はバスケットかバレーで使っていたからハンドはやる場所がなかったのでしょうかね。
Commented by gakis-room at 2008-01-31 22:19
saheiziさん,私の知る限りでは奈良県の場合,多くは屋外で練習しているようです。マイナーなのですねえ。
Commented by 高麗山 at 2008-01-31 22:57 x
何を隠そう中学当時は、バスケとハンドの“迷プレイヤー”でした。    日体大のスカイプレーを見たことがありますが、ロイター板を使ったり、小さなトランポリンを用いたり、浮動運動量をいかに多くするかに、腐心していたようです。
今回の、ハンドボールとレスリング、柔道のジャッジ問題で、スポーツというか、勝敗事に係わる諸行事の運営の難しさを再度考えさせられました。
スポーツの世界と、商業メデイアの世界は、先ず自分達の世界を大切にしますから!  アア、相撲界もあったっけ!
     NHK・BSだけが少し、貢献。
Commented by gakis-room at 2008-01-31 23:10
高麗山さん,
そうです,NHK・BSに感謝,感謝です,なにせ,BSはタダ見をしていますから。
ところで,高麗山さんがバスケとハンドの「迷プレイヤー」とは知りませんでした。多才なんですねえ。


<< 寒冷化現象だあ〜・1月の気温      インジェワカサギ祭り,韓国で見... >>