2008年 01月 20日
「コーヒーとチョコレートケーキを」
d0006690_20215925.jpg私の虎が煙草を吸っていた頃,と言っても大学時代のことですが,4年間続けた毎週土・日の定例アルバイトの賃金は月末に受け取りました。

その日の楽しみは,ちょっと贅沢な夕食をすることでした。贅沢と言っても「グリルチキン」と言っていたと思いますが,単なる鶏の骨付きのもも肉料理です。

学生相手の定食屋とは違って,ナイフとフォークを使うだけでも私は贅沢感に充たされました。ましてや,食事の後にコーヒーときたら,やはり私には月に1度の晩餐,ディナーです。そして,これ以外にもう一つ,ささやかな私の贅沢がありました。

それは喫茶店で「コーヒーとチョコレートのショートケーキを」と注文する時でした。

私が初めてスーツを着たのは大学2年の秋でしたから,それまでは学生服がスーツ代わりでした。きょう,学生服を着た男が(スーツであっても同じことですが),ひとりでコーヒーを前にチョコレートケーキを食べている姿を想像すると笑ってしまいますが,その時の私には確実に充足の時間でした。

こんな事を思い出したのは,きょう,所用で名古屋に行き,姉妹と昼食後に喫茶店に行った時のことです。「チョコレートケーキ食べようかな」と言って2人にびっくりされました。これまでも何回も3人で喫茶店に行きましたが,私はいつもコーヒーだけを飲んでいました。

強くはないと言うよりもむしろ弱いと思うのですが,それでも酒好きの私を知る人は,多くの場合,世の通説に従って,私は甘いものを食べないと思っているようです。確かに和菓子類は自ら求めることはありませんが,チョコレート類だけでなく,生クリーム類,パフェ類,飴類,ビスケット・クラッカー類は今でも好きです。チョコレートは冷蔵庫の中の,アイスクリームは冷凍庫の中の常備品です。
[PR]

by gakis-room | 2008-01-20 20:16 | つれづれに | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/7027719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by saheizi-inokori at 2008-01-20 20:36
私も学生時代、酒をよく飲みタバコもよく吸いましたがたまにレストランでサラダだけを一皿食べたり、洋菓子屋でモンブランというケーキを一つだけ買ったりすることがありました。
学生服に下駄履きでした。
最近やたらに菓子が食べたくて困っています。
Commented by gakis-room at 2008-01-20 20:41
saheiziさん,
モンブラン,私も好きでした。
>最近やたらに菓子が食べたくて困っています
私は少しも困っていません,時々は食べていますから(笑い)。
Commented by 高麗山 at 2008-01-21 00:41 x
お酒の呑み初めのころ、イタリア映画やジャンギャバンのマフイヤものを観ていると、食事の後に気持ちが悪くなるような甘そうなデザート類を、メタボ腹のギャングが平然と食べる姿にウンザリ半分、驚き半部であったことを思い出します。
恥ずかしながら、ショートケーキに何がしかのお金を出すのなら、もう一杯ジョッキと思っていた私ですが、最近、マロンちゃんやモンブランちゃんにも横目を流すようになってきました。
お医者に掛かった方が良いでしょうか?
Commented by ume at 2008-01-21 05:44 x
「甘党」である私は「辛党」との間に太い実線の境界線を引いて、対岸の人と思っていいましたが、辛党一本槍と思っていた皆様方が「なーんだ両刀遣いじゃないか」ということが分かって随分と親しみを覚えました。さらに、「塩辛党」でもある私の常備食ヤマザキナビスコの「リッツ」を見て嬉しくなりました。
Commented by gakis-room at 2008-01-21 08:16
高麗山さん,
いつか不二家のミルキー愛好家と書かれていましたよね。マロン,モンブランに横目を流すようになったのは進化ですかね。それとも,間口が広くなったということでしょうか。いいえ,潜在的能力が開花しかけているのでしょうから,お医者ではなく,酒屋に行ってまずは乾杯の準備を(笑い)。
Commented by gakis-room at 2008-01-21 08:18
umeさん,
リッツだけでなく,オレオもちょこちょこ買い求めます。まいったか!と威張っています(笑い)。
Commented by asuno-kazemachi at 2008-01-21 09:46
私の父は、あんこを肴に一升酒を飲む人でしたから、甘党と辛党が一緒になっていることにちっとも違和感を覚えません。
でも、学生時代、喫茶店でひとりでパフェを食べている男子学生を見ると、同席した女友達と、ひそかに笑ったりしたこともあります。
蔑んでいるわけではなくて、なんか可愛くて。

どうしてもチョコレートパフェが食べたいけれど、男一人では食べにくいからと、ご馳走してもらうことを条件に同席したこともありました。
今は、私のよく行く甘味屋さんでも、男性のひとり客をよく見かけますよ。
満足げに、そして心なしか恥ずかしげにあんみつを食べているおじさんは、それはそれでやはりちょっと可愛い(笑)。
Commented by gakis-room at 2008-01-21 12:52
asuno-kazemachiさん,
あはは,やっぱりそうでしたか。男であれ,女であれ,好きなものは好きなのに,誰が一体決めたのでしょうか,男とあんみつの組み合わせはぎこちないと。とはいえ,そのぎこちなさ故に,その可愛さを通り過ぎた年齢故,私は躊躇ってしまいます。
Commented by Count_Basie_Band at 2008-01-22 11:12
私も酒飲みのくせに、冷凍庫にはチョコレートとアイスクリームを欠かさず置いています。

いま、近所の「銀座コージーコーナー」の支店のウィンドウに飾ってある豪華なイチゴのケーキに恋しています。
持ち帰りはできず、店でしか食べられません。ただし1皿¥3500という値段にふさわしいボリュームなので一人では無理です。

妻を始め、姪その他、周辺の女性を次々と誘っていますが振られっぱなし。
Commented by gakis-room at 2008-01-22 17:47
Count_Basie_Bandさん,
チョコレートとアイスクリームは私と同じですね。
「苺ケーキ」はきっと生クリームを使っていると思われますので,1人分は私を数にいれて頂いてもよろしいかと(笑い)。見事,イチゴケーキの成就がかないますように。


<< 大寒の日の朝は積雪でした      独りよがりの境界線 >>