2008年 01月 19日
独りよがりの境界線
d0006690_17153488.jpg境界線を目で見たことが2度あります。ひとつは板門店での南北分断の境界線です。今ひとつは高知県と愛媛県の境界線です。こちらは観光用です。

昨日,奈良県と京都府の境界線を見てきました。ショッピングセンター「イオン高の原ショッピングセンター」にありました。これは,1月11日の朝日新聞の県内版「奈良の不思議?6」で紹介されたものです。

京都府警と奈良県警が「事件発生の場所がわかりやすいように」とショッピングセンターに申し入れて引かれたそうです。

1階の駐車場と2階の専門店の通路路にも3回にも4階にも境界線はありましたが,何の説明書きもありませんから,見逃してしまいます。

いわば警察にとっての管轄内か,管轄外かのためだけの境界線です。「←奈良・京都→」とでも書いておけばおもしろいのにと思いました。目に見える境界線を何度も行ったり来たりしながら,私も他人との間に境界線を引いていることを思い起こしました。

「私のこと,私のことではない」の二分法。この場合は,私の世界に人を踏み込ませないためのバリアーと言ったほうが良いようです。バリアへを巡らせるに至ったその昔(私の虎が煙草を吸っていた頃ほど昔ではありません)の経緯は良く覚えています。

そして,私の境界線はその時もその後も私自身を救い出すためのものでしたが,同時に私を小さな者にもしてしまったようです。
[PR]

by gakis-room | 2008-01-19 17:16 | つれづれに | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/7017133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by fgc1910 at 2008-01-19 20:29 x
私には資産価値のまったくない山林が100筆以上ありますがことごとく隣地との境界線が分かりません。隣地の所有者に訊いても「さあてね、あの石っころかあこの櫟の木か、ひょとしてそっちにいるカラスの足元辺りかもしれない。」という返事しか返ってきません」実を言えばその100筆が「どの辺り」にあるのかさえ分かりません。代々「口伝え」で所在の確認をしてきたのですが、私は引き継ぎをする前に父を亡くしてしまいました。よって、私以降の代は永遠にどこにume家所有の山林があるのか分かりません。ごめんよ、息子たち。
もし、山林を必要とする方がいらっしゃったら、「無料にて」タケノコ付きでお譲りいたします。山林を収納するための土地を用意した上で新潟まで取りに来てください。ただし、境界線はそちらで調べてください。御一報お待ちしております。
Commented by 高麗山 at 2008-01-20 00:30 x
私高麗山、堅く言えば配愚者の妻とは比較的仲良く日々を過ごしています。
先日も、スキーに帯同いたしましたし、温泉旅にも再々行っております、何恥らうことなく寝室も共にいたしておりますが、何か最近、ベッドとベッドの間に眼に見えぬ“ライン”が出現していることに気が付き始めました。。。
連日の“ 乾杯” はこんなことを思い巡らすようになるのでしょうか?
Commented by YUKI at 2008-01-20 03:11 x
境界線は人が造るものですが、
作った歴史を忘れると意味も失われてしまいます。
そもそもそれが必要かどうか、
を考えると「独りよがり」の世界・・。
Commented by gakis-room at 2008-01-20 06:45
fgc1910さん,いやさあumeさん,
その山林に埋蔵金伝説はありませんか。まず,埋蔵金を掘り出して,山林を収納する土地を買い求め…。
Commented by gakis-room at 2008-01-20 06:56
高麗山さん,
ベッドを左右入れ替えてみたら,ラインは両サイドに移動して,2つのベッドは親密になる…,とアホな事を考えたのは1杯のコーヒーではしっかり目覚めぬ朝故です,きっと。
Commented by gakis-room at 2008-01-20 07:03
YUKIさん,
有島武郎の「惜しみなく愛は奪う」とか,吉本隆明の「転位のための十篇」の浅読みですかねえ,きっと。若かったから。


<< 「コーヒーとチョコレートケーキを」      なんのこっちゃ >>