2008年 01月 09日
朝倉彫塑館
朝倉彫塑館が台東区立であったのは意外でした。彼は台東区名誉区民でしたが,その縁で遺族および財団法人朝倉彫塑館から区に寄贈され,1986年に開館されました。初期アトリエに加えて昭和初期に新築されたものが,現在の「朝倉彫塑館」です。

新築された部分は,鉄筋コンクリート造りと木造の数寄屋作りと日本庭園の中庭からなっていますが,耐震構造の関係から,現在は鉄筋部分だけが見学を許されています。鉄筋部分(3階建て)には屋上庭園もあり,当時としては斬新な設計であったように思われます。

展示は,東京美術学校(現東京芸大)の卒業制作である「進化」,彼の代表作である「墓守」,「大隈重信像」,「九世団十郎像」など約50点が見られます。「大隈重信像」は早稲田大学にあるものから想像は出来ましたが,写真でしか見たことのない「墓守」は想像以上大きいものでした。想像外といえば外国人のグループを含めて見学者が多かったのもそうです。日曜日の故だったかもしれません。

書斎の夥しい書籍に驚かされるとともにと,同県人(大分)として交流のあった双葉山が来訪したとき用に特注した大きなソファーには微笑まされました。
d0006690_1551227.jpg

[PR]

by gakis-room | 2008-01-09 15:05 | つれづれに | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2008-01-09 23:31
今日はこの建物の前を歩きながらgakisさんがこの辺を歩いたんだなあと。
でも私はこの館にはまだ入ってないのです。近くの古道具屋には時々入って買い物もするのですが。
Commented by gakis-room at 2008-01-10 07:18
saheiziさん,
外からみただけですが,感じの良さそうな蕎麦屋とか喫茶店もありました。1度入ってみたいと思いました。
Commented by saheizi-inokori at 2008-01-10 09:59
駅の近くの「川村」は名の通った蕎麦屋で一杯やるのも昼のしのぎにもいいです。
Commented by gakis-room at 2008-01-10 18:06
saheiziさん,
ありがとうございます。ところで方角は,日暮里駅の北口からですよね。
Commented by saheizi-inokori at 2008-01-12 10:01
そうです。駅を出て谷中の方に左折したすぐ右側です。
定休日があるので要チエック。でもそうしたら他の店に入るのも又一興。
Commented by gakis-room at 2008-01-12 14:24
saheiziさん,
ありがとうございます。次の東京行はいつになるかは不明ですが,是非行って見ます。


<< 韓国に日本式ラーメン店が増加という      谷中霊園の徳川慶喜の墓 >>