2007年 12月 14日
公約を忘れた首相は…
政権をほっぽり出した首相に驚いたら,その次は公約を忘れた首相。この国のトップには何でもありの感じです。もっとも,福田首相について言えば,「7月の選挙公約は,安倍クンのつくったもの,私はその時,斜に構えていましたから…」と言うことかも知れません。

私は自民党にはすでに政権担当能力がない,と思っていますから,自民党の政党としての継続性は問うことは止めましょう。「とっさに思い出せなかった」のは他人の作品だからというのであるのなら,自らの作品を提示すべきなのです。つまりは,1日も早く解散,総選挙によって,国民の負託を受けるべきなのです。

民主党も,「だから,『偽』が選ばれるのだ」とか言うのではなく,「総理の辞任・総選挙」を求めるべきだと思っています。これまでも書いてきましたが,「権力の正統性は唯一国民の負託だけ」なのですから。

「唄を忘れたカナリヤ」は「象牙の船に/銀の櫂/月夜の海に/浮べれば/忘れた唄を思い出す」のだそうですが,「公約を忘れた首相」は

  …後(うしろ)の山に 棄てましょか
  …背戸(せど)の小薮に 埋(い)けましょか
  …柳の鞭(むち)で ぶちましょか

いえ,いえ,民主主義の原理に立ち戻らせることです。
[PR]

by gakis-room | 2007-12-14 09:30 | つれづれに | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://gakisroom.exblog.jp/tb/6734784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 墓の中からコンニチワ at 2007-12-19 16:59
タイトル : 宛名人不在
12月17日、社保庁が「ねんきん特別便」の送付を開始したと桝添はニコニコ顔で話していたが、私は別なことを楽しみにしている。 送付された「ねんきん特別便」の何パーセントぐらいが「宛名人不在」で戻ってくるのか。 近年は転居して「転入届」を市区町村に提出に行くと年金関係の住所も更新されるが、こうなったのはいつだろう? 昨年までは、毎年、誕生月になると「年金受給権者現況届」の用紙(はがき)が年金受給者に送られてきていた。受給者の生存を確認するのが目的だった。今年になってようやく「住民基本台帳...... more
Commented by maron415 at 2007-12-14 11:14
この年末のどさくさのときに、
シラをきって、とぼけて、忘れたふりして乗り切ろう。
なのかな?
「できないものはできない。」
せめて、途中で放り出してはいけないという反面教師にしてほしいです。
Commented by saheizi-inokori at 2007-12-14 11:28
公約とか方針とかの価値を全く認めていない人かもしれません。
周囲に結構います。調整とか流れを読むとか言う生き方でずっとやってきた人。正直なんでしょうね福田君は、それを言っちゃうんだから。
Commented by gaki at 2007-12-14 12:41 x
maron415さん、
この人には忘れることを自慢にしているふしがありますね。それが政治的能力だと。
Commented by gaki at 2007-12-14 12:45 x
saheizi-inokoriさん、
これも風を読むというのでしょうか、しかし、ほんの身の周りだけの。
Commented by 高麗山 at 2007-12-14 17:05 x
安倍逃避、年金の名寄せ期限問題、今までも愛想は尽かしていましたが、現政権に本当にやるせない、情けない気持ちでいっぱいです!!!
Commented by ume at 2007-12-14 19:05 x
自民党支持を2歳半でやめたのは「言っていること」と腹の中」が随分隔たりのある政党だと見破ったからです。言いくるめることがうまかったために長期政権を維持していました。近頃は偽装の技術も稚拙になり、次からつぎへとボロが出ているのですが、それを取り繕うこともなく、「忘れた」とか「思い出せない」と、子供ならおしりペンペンの弁明ですまそうとしているのだから、末期症状と呼ばざるを得ないでしょう。
Commented by YUKI-arch at 2007-12-15 20:42 x
民間の銀行が社保庁と同じことをしたら、
即日倒産、幹部は逮捕でしょう。
問題は、民間の金融機関が難なくやっていることを
国家が解決できないことに、
あきれ、かつ底知れぬ不安を感じている点です。

国民の不安の根源をしっかり捕まえることができない。
これが「賞味期限の過ぎた」政党の末路なんでしょうか。
Commented by gakis-room at 2007-12-16 19:52
高麗山さん,
福田政権は野党に救われている。そんな気がしてなりません。その最たるものが小沢代表が未だに未練を断ち切れない「大連立」だと思っています。
Commented by gakis-room at 2007-12-16 19:57
umeさん,
05年9月の「郵政民営化解散」のつけが確実にまわってきています。「政府の悪さは国民の悪さに比例する」のでしょうね。稚拙な偽装を未だに許しているのですから。
Commented by gakis-room at 2007-12-16 20:05
YUKIさん,
民主党も賞味期限が切れそうなようです。民主党に問われているのは政権担当能力でなく,政経担当意欲のように思われてなりません。


<< 2分の感覚      「偽」さえもなくなってしまった >>