2007年 12月 13日
「偽」さえもなくなってしまった
今年の象徴する漢字は「偽」だそうです。それで思い出しました。
  大義廃れて仁義あり
  知恵出でて大偽あり

老子の孔子批判です。「仁義,仁義と騒ぎ立てているのは,大義が廃れたからであり,そんなものは小賢しい知恵であり,大嘘なんだ」というところでしょうか。しかし,この国の「偽」は老子の言う「小賢しい知恵」もないようです。

【福田首相の偽】
…正直申しまして公約で(年金問題を)どういったのか。ちょっと頭にさっと思い浮かばなかった。

【町村信孝官房長官の偽】
…選挙中だから、ある程度簡略化してものを言ってしまっているところが確かにあった。7月の政府・与党のとりまとめは、最後の一人まで全部、(来年)3月末に(特定、支払いを)やると言ったわけではない。選挙だから、「年度内にすべて」と(表現を)縮めて言ってしまった。

選挙スローガンだから,「できないかもしれないけどやってみます』なんて言いませんよ」といって,新語・流行語大賞で「消えた年金」という言葉の授賞式にしゃあしゃあと出席した厚生労働大臣。

「2万%あり得ない」といって,大阪府知事選に立候補した弁護士。みんなみんな正直です。政治の世界も「偽」と言うよりも恥じらいもなくなりました。電車内で化粧にいそしむ女性たちはきれいに見せようとしているのでしょうが,政治の世界は繕うこともなくなったかのようです。
[PR]

by gakis-room | 2007-12-13 17:55 | つれづれに | Comments(6)
Commented by 高麗山 at 2007-12-13 22:21 x
私は万が一の時、橋下弁護士に依頼します!

2万%の不可能を、可逆にかけて!!!

政治屋になったら、首相、官房長官と同一発言“見え見え”。
Commented by saheizi-inokori at 2007-12-14 00:08
マスマス、能とか落語にはまっていきます。現実は落語や能より分かりにくい言葉ばかり、しかも面白くもないです。なめてますね、国民を。
Commented by maron415 at 2007-12-14 00:23
で、福田さんは、「偽」が選ばれても、やっぱり「信」だそうです。
3月末のことが、今もうわかるんですね。やっぱり、やれもしないことわかって言ったのね。やっぱ「欺」ですね(笑)
橋下さんは、自民党からでるのでなければ応援したかな。まあ、大阪府民が決めることだけどね…
Commented by gakis-room at 2007-12-14 05:53
高麗山さん,
トレードマークのサングラスもとってしまいました。野坂昭如はとりませんでした。彼のほうが遙かに一貫していました。
Commented by gakis-room at 2007-12-14 05:59
saheiziさん,
高座でつまって,それをきっかけに引退した落語家っていませんでしたか。プロだと思います。それに比べて,公約を忘れたといってしゃあしゃあとしている,鵺ですねえ。
Commented by gakis-room at 2007-12-14 06:08
maron415さん,
福田首相の「信」の字を透かしてみると「忘」の字がみえたりして…。
橋下弁護士,なんとしても選挙に出たかったのですねえ。弁護士懲戒請求問題の時,なぜ請求者にならないのかと問われて,「多くのスタッフを抱えている身では,それに時間と労力をさくことができない」とか,「(出馬して)番組に迷惑をかけるよう人間はろくな仕事ができない」なんて言っていましたが,こちらも信念は「忘」です。


<< 公約を忘れた首相は…      「寒さの下限」と「絶対的に寒い日」 >>